ビル・ゲイツ氏「移民受け入れは厳格化すべき」に関連した画像-01

マイクロソフト創業者で慈善家としても知られるビル・ゲイツ氏(61)は、移民を広く受け入れるドイツの「難民開放政策」に批判的な立場を示しています。

独紙ヴェルト・アム・ゾンタークに掲載のインタビュー記事を紹介します。


ビル・ゲイツ氏によると

どれほど自分たちが寛大なのか、難民を受け入れることで世界に示したいと考えるでしょう。しかし寛容であればあるほど、その口コミが広がり、より多くの人々にアフリカを離れる動機を与えてしまいます

・アフリカは人口拡爆発の時代に突入しており、欧州にとって大きな重荷になります。これから来る莫大な数の移民をドイツが全て受け入れるのはどう考えても不可能です

・アフリカの人々が現行ルートでは欧州大陸に入りにくくなるよう、ヨーロッパは方策を立てていかなければなりません

<海外の反応>

完全に同意だわ。彼らの国を救う方が優先事項ですよね!

全財産の95%を寄付するような慈善家で、
世界の一体化を目指すグローバリストの言葉は重みが違いますな・・


本物の難民ならウェルカムだが、それに乗じたバカが多すぎるのがな〜

俺たちはこれを何年も言い続けてるんだが政治家は聞く耳持たず。
しかしこの大富豪が言えば何か変わるのかも。


もう遅いよwwwメルケルさんのEU壊滅作戦に変わりはありませんwwww

ゲイツはバカなの?
欧州は人口減少してるから移民受け入れてんだよ?


↑だよなー少子化の国で移民受け入れないとかマジ自殺行為だし



ドイツが外国援助に国内総生産(GDP)の0.7%を費やしているのは「素晴らしい」、と称賛するビル・ゲイツ氏。

「他の欧州リーダーも見習うべき」としならがも、難民・移民を広く受け入れるのではなく、代わりに彼らが抱える根本的な問題を取りのぞく方に予算をかけるべきだとも論じているのです。

アフリカの貧困問題や病気を根絶するため、ゲイツ氏が創設した世界最大の慈善基金団体「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」では何百億ドルもの資金や寄付金が使われています。

独紙ビルトの報道が正しければ、現在ヨーロッパに渡ろうとしている移民の数は最大で660万人、実際に待機している人数は250万人います。遭難などで死亡・行方不明になった数は、2016年は7763人(前年比+27%)にものぼったようです。

<海外の反応>

アフリカの人々は欧州に入れるなだ?そりゃ人種差別だろーが!

メルケル首相のせいで「欧州行き楽勝w」とか思われてるんだろうな。
頼むから受け入れる移民の選定だけは慎重にやってほしい。


親切心がなくなったら人間終わりだと思うの

アフリカにある問題を最優先で解決するのは賛成
ただ「欧州に行きたい!助けて!」と言ってる人を無視できるかよ・・・


ビル・ゲイツは自己中。みんな自分が住みたい国に住めるような世界を作るべき。

どちらにせよ欧州は手遅れだよ

難民受け入れはドイツにとっては「将来への投資」なんですが・・

正論だね。受け入れ口も確保せずにやたらと受け入れるべきじゃない
バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

発売日:2017-05-17
メーカー:光文社
カテゴリ:Book
セールスランク:34
Amazon.co.jp で詳細を見る