日本人はデブに厳しすぎに関連した画像-01

「日本は洋服サイズをオブラートに包み込んでくれない!」

これを証明する一枚の写真が海外掲示板redditに投稿され、話題になっています。

日本人はデブに厳しすぎに関連した画像-02
サイズ:FAT(デブ)


<海外の反応>

日本はデブに優しくしてくれないのかお><

甘い言葉で包み隠して欲しいのか?お前らデブはその甘い言葉ですら腹の中に収めてしまうだろがw

↑やめい!遺伝のせいじゃボケナス!!チートスをチーズフォンデュの中につけて食べんのも遺伝なんだもん!!

アメリカ人が規格外すぎんだよwww俺は欧州では「Mサイズ」なんだが、北米行くと「XS-Sサイズ」だぞ?

いや、むしろ俺がタイで買った「XXXXXXLサイズ」のシャツよりはマシだろ!

俺たちが太っているのではない、周りの奴らが極端に細すぎるだけなのだ。

文化的なものだと指摘する声もいくつか出ています。
<海外の反応>

俺は太ってるんだが、酔っ払った日本人サラリーマンにつけられたあだ名・・「ダブル仏陀」。日本旅行のハイライトだったわorz

文化的なものなんかな、アジア人は他人に対して「太ってるね」って言うのは普通のことみたい。

↑あはは、私も家庭教師してたけどそこのお母さんに「痩せたら?」って言われたわ。同僚がその会話のことを聞いて、自分のことのように傷ついてくれたwアジアでは普通のことなのよね

日本は本当、国民を痩せさせる方法を考えてるんだなぁー。”デブ”という魔法の言葉だけで肥満に苦しむ人が出てこなくなるとは・・!

今さら気付いたのですが、確かに日本で生活していると「デブ」や「ぶた」などといった肥満の人をからかう言葉が溢れています。何気なく、時には笑いのネタとして多用している言葉なのですが、海外では一種の差別用語として捉えられるきらいがあることはご存知でしょうか。肥満が病気として考えられている以上、それを馬鹿にするのはタブーとなっているのです。

日本では「デブ」という言葉を発する閾値が低いゆえに、肥満のセーブガードとして機能している。鋭い指摘だと思います。
<海外の反応>

こんなもんアメリカで販売されてたらフェミニストがFBI呼びつけて大ニュースになんぞww廃業確定ものやがなwwww

これは逆も言えるな。前のことだが、日本人をアメリカに招待したとき一緒に服を買いに行ったんだ。でもサイズはどれもデカすぎで、奴らにとってはこっちの服はまるでカーテンなんだよな。子供服を進めたがスゲー顔して嫌がってたわwwww

サイズ表記からも文化の違いが浮かび上がってくるとは、面白いものですね。
<海外の反応>

なんか雷マークがあるんだが、これ何?

↑”ダメージ”って書いてあるからな、雷耐性があるんだろ

やべぇ、日本製の洋服は雷攻撃にも耐えられるのか。さすがですわ・・