ドッペルゲンガーが見つかり釈放に関連した画像-01

自分に似た人物は世界に3人存在すると言いますが、無実の罪で服役中の囚人の運命は”ドッペルゲンガー”の出現によって覆るのでしょうか?

冤罪によって罪を着せられた気の毒な男性の話にコメント欄が熱く湧いています。

1999年、米カンザス州ルーラントパークのドラッグストアで強盗事件が発生。捕まったのは事件現場付近に住んでいたリチャード・アンドリュー・ジョーンズさんでした。

この事件ではなんとDNAや指紋は採取されず。ジョーンズさんは確固たるアリバイがあったにもかかわらず、目撃者の「この顔に見覚えがある」という証言のみで19年以上の懲役に処されてしまったのです。

しかし冤罪を訴え続けたジョーンズさん。投獄されて17年目にして”ドッペルゲンガー”の存在を知ります。彼とまるで瓜二つの囚人がいると刑務所仲間から聞かされたのでした。ジョーンズさんは自分の罪が”そっくりさん”による犯罪だと確信し無実を訴えます。

アリス・クレイグ弁護士により事件の洗い直しが行われ、今月7日に行われたやり直し裁判でついにジョーンズさんは無罪を勝ち取ったのでした。

ジョーンズさんとドッペルゲンガーの真犯人
ドッペルゲンガーが見つかり釈放に関連した画像-02

ドッペルゲンガーが見つかり釈放に関連した画像-03

<海外の反応>

これはワロタwwwお前ら双子かよwwww

実は双子だってオチに期待。それか腹違いか?
誰かこいつらをDNA鑑定してやれwww


僕もドッペルゲンガー見たら何やっても許されるかな!?

>えん罪で17年間投獄
人生を変えられてどう責任取ってもらうんだろうね。マジ悪夢だわ。
自分のドッペルゲンガー見たら、殺られる前に殺れって教訓になったよ


俺にはとても二人が似ているようには見えないけどね~

↑うむー、耳が少し違うかな。

ツインピークス思い出した
真犯人が見つかって本当によかったよね~



真犯人は“リッキー”の愛称で良く知られている悪名高い人物でした。彼の自供により無実のジョーンズさんは無事釈放されます。驚くべきことに二人は顔が似ているだけなく、ファーストネームも同じ。また近所に住んでいたことが明らかになりました。

クレイグ弁護士は警察官による目撃者への示唆的な証言集めがあったのではないかと疑い追求し、彼の尽力が実を結びジョーンズさんはついに自由を再び手に入れるのでした。

「子供のことを考えると本当に辛くて仕方がなかったけれど、幸か不幸かもう理解してくれる年頃にまで成長したよ」とジョーンズさん。クレイグ弁護士も「我々は冤罪事件を許しません。このケースではドッペルゲンガーが見つかることで真実が明らかになって良かったです」と喜びを語っています。

やり直し裁判の申し立てからすでに2年の歳月が流れていましたが、自分の潔白を信じ、ずっと無実を訴え続けていたジョーンズさん。

彼は現在、失われた時間の埋め合わせをすべく家族と暮らしています。

ジョーンズさん釈放
ドッペルゲンガーが見つかり釈放に関連した画像-04

ドッペルゲンガーが見つかり釈放に関連した画像-05

<海外の反応>

彼の残りの人生に幸あれ!!

自白してないのにそんなに長い間投獄されるとか、世も末だわ
死刑だったら取り返しつかなかったよな


今回のケースは氷山の一角にすぎないよ。こういう人はたくさんいると思う

ジョーンズさん、かわいいお子さんたちとお幸せにね!

難しいことだけど、僕たちは先入観にとらわれず、
常に正しい判断ができる目を養わなくてはいけないね


↑まったく同感だ

そもそもカンザスってところは強盗で他の州の何倍もの刑期を課せられるんだ。クレイジーでフェアじゃないぜ。おかしいだろ。

世にも奇妙な物語ですね
未来日記 コミック 全12巻 完結セット (角川コミックス・エース)

発売日:
メーカー:角川書店(角川グループパブリッシング)
カテゴリ:Book
セールスランク:16445
Amazon.co.jp で詳細を見る

七つの大罪(25) (講談社コミックス)

発売日:2017-03-17
メーカー:講談社
カテゴリ:Book
セールスランク:2460
Amazon.co.jp で詳細を見る