チェチェン共和国で同性愛者強制収容所に関連した画像-01

ロシア連邦チェチェン共和国で同性愛者を矯正するため「強制収容所」が開設された。

ここに送還された”囚人”は電気ショックによる虐待を受けたり、その果には撲殺されたりする者もいる。すでに判っているだけでも、先週100人以上の同性愛者が収容され3人が亡くなっているようだ。

当局はすでに国内数カ所に「同性愛者強制収容所」を設営。うち1つはアルグン町のかつて軍司令部として使われていた建物内にある、との報道も飛び交っている。

ロシア紙Novaya Gazetaによると、「1部屋におよそ30〜40人が押し込められ、電気ショックによる虐待や、時には酷く殴打され死に至った者もいる」とのこと。ここでは他の同性愛者を密告するまで殴られ続ける、と脱出した者は証言している。

また別の囚人の話では、監禁されるのを逃れるため警察に毎月多額の賄賂を渡していたようだ。しかしそれが出来なくなると送還される他なかったと言う。

収容所とみられるアルグンの軍事施設
チェチェン共和国で同性愛者強制収容所に関連した画像-02

<海外の反応>

ロシア怖すぎ・・・

今こんな記事を読んでるのが信じられないわ!
いったいいつの時代だよ!?


2017年でも多くの国でこういうことが起きてるってのは悲しい事実だね

私は同性愛者じゃないけど、こんなことするとか何様のつもり!

で、セレブリティの皆さまはいつものように抗議活動しないの?
まぁロシア相手だと出来ないよなwww


↑本当それ。あいつら相手を見て行動するから虫酸が走る。

他人のこととかほっとけばいいのにね・・・


国際危機グループ(ICG)のエカテリーナ・ソキリアンスカイア氏は「まだまだ新しい情報がどんどん飛び込んできている状況です。今も脱出する犠牲者が相次いでいるので」とコメント。

被害にあった者の証言を集め公式に抗議文を出そうものなら、当局からの”報復”は避けられないだろう。それはあまりにも危険すぎるやり方だ。異常なまでの同性愛嫌悪が広がるチェチェン共和国では、身内が”家族全員の名誉を守るため”同性愛者の命を奪うこともあるほどだという。

なお「同性愛者強制収容所」の開設は、1930年代ヒトラー率いるナチス軍以来初めてとの報道もある。

<海外の反応>

チェチェン共和国のラムザン・カディロフ首長が「これは嘘ニュースだ!」と声明を発表したみたい。首長によると「チェチェンには同性愛者は一人もいない」らしいぞwwww

↑なんか笑ったw

トップの発言とは思えないアホさだな。こんなのが政府を動かしてるとか笑えない

ちと調べてみたがチェチェン共和国ってイスラム国家なのな
これはあまり深く関わらない方が・・


国家じゃないだろ。ロシアの一部だぞ

こんな報道があっても世界は何もしないだろうな。
イスラム教への憎悪だとみなされるかもだし。


ナチス以来初めてでもなくね?キューバのカストロとかもしてたし

本当、他人の価値観や好みを非難できる権利がどこにあるのって感じだわ

本当いつの時代だよ・・
「ユーリ!!! on ICE」公式ガイドブック『ユーリ!!! on Life』 (扶桑社ムック)

発売日:2017-05-11
メーカー:扶桑社
カテゴリ:Book
セールスランク:42
Amazon.co.jp で詳細を見る

ACI Toys - 1/6 Figure: 柔道家

発売日:2010-12-30
メーカー:ACIトイズ
カテゴリ:Hobby
セールスランク:1526899
Amazon.co.jp で詳細を見る

翻訳ライター募集中

ユルクヤルでは翻訳ライター募集中です!ネタ投稿もお待ちしてます!