プロレスなんて八百長だろ!に関連した画像-01

発端は、掲示板redditへ投稿された一枚の画像でした。

「八百長するプロレスラーでもたまには善いことするじゃん(Sometimes fake wrestlers do real good deeds.)」と題されたスレッドには、男の子がリングの上で屈強そうなプロレスラー相手にタップを奪うシーンが貼られていたのです。

プロレスなんて八百長だろ!に関連した画像-02


実はこれ、ガンと闘っていた7歳の少年コナー・ミシャレック君が大好きなプロレスのリング上で悪役を倒すというもの。お気に入りのプロレスラー、ダニエル・ブライアンとの友情から生まれた夢の舞台でした
<海外の反応>

これを知らない人に補足。2012年に初めてコナー君は大ファンのダニエル・ブライアンと初対面を果たすんだが、それ以来ずっと親交があったみたい。上の画像にもあるように、その年最大のプロレスイベント(レッスルマニア)にコナー君を招待して、試合では最前列の席もとってあげたんだ。そしてコナー君は先月亡くなり、WWEが哀悼の念を表してビデオを公開したと。

WWEから「コナー・ザ・クラッシャー」へ捧ぐ5分19秒のプレゼント


↑俺は男だ、、こんなんで泣くかょ・・うわあああああん!!!!

子供のとき以来ずっとプロレスは観ていないが、こういうことしてるって知れて嬉しいね。

そしてここから、スレッドのタイトルに「八百長するプロレスラー」とあることに違和感を覚えるredditユーザーが出てきます。コナー君が夢にまで描いたリンク上での活躍も「八百長」なのでしょうか?海外のプロレスファンが「八百長」に関してどう考えているのか、反応を拾っていきます。
<海外の反応>

何だろ、「八百長するプロレスラー」って?

俺はボクサーなんだが、トレーニングしてるジムにはプロレスラーもいてね。このスレッド立てた奴はこいつらに面と向かって「八百長」って言ってみるといいよ。教訓を学べると思うからww

↑うん、最悪の結果を招くだろうなwww

なんでプロレスを「八百長だ!」ってバッシングする奴いるんだろうな?ドラマなんかも「八百長、つまり演技」なのに。作られた作品は本物であって、そこが大事なんじゃないのか?プロレスラーってスタントマンでありながら俳優でもあるわけで、みんな尊敬すべきなのになぁ

プロレスファンとしては、「八百長だ」って言って得意げになる奴のことは可愛いと思うぞwなんだろ「秘密を暴いてやったぞ!」っていう得意げな顔が滑稽だわwwwwww

プロレスをスポーツの括りとしてみてしまうと、どうしても筋書きのある演出に違和感を覚えてしまうのは当然です。あくまでも映画やドラマと同じで、エンターテイメントであるというのが大方の見解でしょう。

作品としての完成形を見据えた上で、そこに出血や怪我といったリアルな痛みを交えることでプロットに現実的な深みを与える。それがプロレス独特のアイデンティティなのかもしれません。その点について示唆しているコメントもいくつか見受けられました。
<海外の反応>

相手を傷つけようとしているのは確かに嘘だけど、スタントは紛うことなく本物だからな

確かにプロレスって結果が予め決まってはいる点では「八百長」なんだが、歯が折れたり、耳が割れたり、真っすぐ歩けなくなるほどの大怪我を負うのは作り物でもなんでもないからなぁ。そういう犠牲を負ってでもプロレスにかける想いだったり、最高のショーを見せて皆を喜ばせたいっていう気持ちがプロレスラーのプライドになってるんだと思う。

↑ミック・フォーリーなんかは、家族の観てる前でボコられて顔面血だらけ。対戦相手は終止フォーリーの奥さんに申し訳なさそうにしてたが・・まぁお互い合意の下だったのは分かるが、ここまでショーのためにしないといけないとは過酷だよね

プロレスとかプロレスラーはずっと軽蔑してたけど、違ったね。正真正銘のプロだわ。彼らの運動神経や持っている技術、そしてプロレスへの深い愛情ってのは誰も疑うべきものでないと思うわ。

筋書きがあるのは皆を楽しませるため、それに熱心に打ち込んでいる人に向かって馬鹿にするのはおかしいわな

闘病に苦しんだコナー君もそうでしょう。様々な人々の勇気になれることを信じて、プロレスラーたちは弱音も吐かずに殴られ役になっているのかもしれません

無知な私もそうですが、皆さんにとってもプロレスのことについて考える良い機会になったのであれば幸いです。
<海外の反応>

ちなみに、本物のプロレスラーでもたまには悪いことするぞ
rNiuk9b

↑俺は一体何をみてしまったんだ・・・

↑9歳の女の子が大人に延髄斬り食らわせられる瞬間さwwww