2Pacの”Hail Mary”に関連した画像-01

スリランカで厳かに行われたクリスマス礼拝で事件が起きた。参列者に配られたプログラム冊子には”クリスマスキャロル”ではなく、2Pacの”Hail Mary”という楽曲の歌詞が何らかの手違いで印刷されていたのだ。

教会にいた敬虔な信者らは、そのアナーキな”賛美歌”に愕然としていたという。

こちらがクリスマス礼拝で配られた「賛美歌のプログラム冊子」


掲載されていた2pacの”Hail Mary”にはこのような歌詞がある

・復讐は女のアソコをモノにする時のような至上の歓び
・ギラギラ光るダイヤに狙いを定めたニガーどもが俺に近寄ってくるぜ
・ニガーのビッチどもは大切な時間をムダにしていることも気づいちゃいねぇ
・俺とお前はヤクで一緒にブタ箱行きになるのがオチさ
・今では自分を抑えられないほどハイになっちまってる
・俺を理解しようともしない世の中なんてクソ食らえだ!


<海外の反応>

ひでぇw一体どんな「手違い」したらこうなんのよ!?

てか、これみんなで合唱してたら笑うwwwww

聖歌隊「復讐は女のアソコをモノにする時みたいな至上の歓びィ!」www

クリスマステーマの冊子に丁寧に印刷されてるのがツボだわw
フォントもお上品でヨロシイw


これぞクリスマスの奇跡やな!

こんなん絶対、会場ザワつく(笑)

厳かな礼拝でこんな”賛美歌”見た日にゃ、
じーちゃん・ばーちゃん卒倒すっぞwwww


この前代未聞の手違いが起きたのは、スリランカの首都コロンボで行われた国内最大級のクリスマスイベント「Catholic Joy to the World Festival 2016」でのことだった。

伝統と格式ある礼拝が行われたのだが、クリスマスキャロルが印刷されているはずのプログラム冊子に、なぜか2Pacの”Hail Mary”が載っていたのだ。この楽曲は暴力やセックス、死をテーマにしたもの。敬虔なカトリック信者にとっては血の気の引くような歌詞が踊り狂っていた。

歌手の2Pacは、25歳の時に何者かに撃たれ死亡。この曲は死後に発表された彼の最後のシングルだった。
2Pacの”Hail Mary”に関連した画像-02

<海外の反応>

これ間違って印刷してしまった人間は処刑されても文句言えないレベルw

このプログラム冊子欲しいな。

まぁ曲名は「Hail Mary(アヴェ・マリア)」で合ってるし・・・

中身は確認せずにそのまま歌詞コピペしたってか?
こんな大舞台でさすがに無理ある言い訳だろw


これは陰謀だ!カトリック信者の支配力を弱めるための!

↑ロシアのハッキングのせいだなw

聖歌隊に2pac歌わすなw
Greatest Hits

発売日:1998-11-24
メーカー:Interscope Records
カテゴリ:Music
セールスランク:7095
Amazon.co.jp で詳細を見る

ベスト・クリスマス - 家族でも、一人でも楽しめる 洋楽クリスマス・ソング24曲!

発売日:2015-11-05
メーカー:Universal Music LLC
カテゴリ:Digital Music Album
セールスランク:182
Amazon.co.jp で詳細を見る


ユルク関連する記事

北欧がついに壊れた!ヤギに「クリスマスソング」を歌わせたアルバムが大好評!雰囲気ぶち壊しでうるせえwwwwwww
【悲報】美少女アニメの素晴らしさを語るクリスマス特番がアメリカで放送され、全米が凍りつくwwwwww
【悲報】「手のひらの上で飛ぶ人形」が少女の目の前で自爆wwwwwwwwwwww