野生カンガルーへ顔面パンチに関連した画像-01

野生のカンガルーにヘッドロックされた愛犬を助けるため、オーストラリア人男性が勇敢に立ち向かっていった動画が話題を呼んだ。しかしカンガルーへの顔面パンチは動物虐待であるとして批判が殺到している。

動物愛護者の言動はエスカレートしており、警察沙汰にまで発展した。

映像に映っていた男性は、地元動物園でゾウの飼育をするグレイグ・トンキンズ氏(34)。
野生カンガルーへ顔面パンチに関連した画像-02


彼はカンガルーに襲われる愛犬を救うためカンガルーに手を出したが、それが「動物の権利を損なう」として国内で批判が殺到しているのだ。
野生カンガルーへ顔面パンチに関連した画像-03


動物虐待だとして動物愛護者はこの動画に憤慨。トンキンズ氏に辛辣なコメントを送るだけでなく、何人かは彼の自宅にまで押し寄せてきたようだ。命の危険を感じたトンキンズ氏は警察に通報、両者の間で緊張が続いている。
野生カンガルーへ顔面パンチに関連した画像-04

<海外の反応>

動物愛護者(笑)

自分がやられるかもしれない状況で
友人、いや家族を助ける男性の素晴らしい動画なのになぁ


逆に犬がカンガルーにやられてたら、愛護団体様は批判しなかったのかね?

うちのペットが同じ状況で痛めつけられてたら、
カンガルーなんかボコボコにしてやんよ!!


威嚇しただけのパンチだろうが・・・

いや、問題は犬が解放されたのにマッチョ野郎がカンガルーを殴ったって部分


PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)はトンキンズ氏の行為について「面白くもないし勇敢でもない」「違法である」と批判。
野生カンガルーへ顔面パンチに関連した画像-05


動物愛護者らは彼を解雇するよう動物園側に求めているが、タロンガ・ウエスタン・プレインズ動物園は「調査したが雇用契約を終了させることはない」と声明を出した。

<海外の反応>

なんか酷いとしか言いようがないニュースだわ

PETAもバカなの?

↑これは当然の批判だって。動物虐待が許されるわけないじゃん。

だな。パンチは全く必要なかった。
こんなことするとか正真正銘の腰抜けだわ!


こいつはムショ行きで

飼育係なら野生のカンガルーの危険性も熟知していたはず。
それなのに犬を助けるために立ち向かっていったんだぞ!?

私だってうちのワンコがやられてたらカンガルーなんかまじボコボコにすんよo(`ω´*)o

竹原慎二のボコボコ相談室 (ShoーPro books)

発売日:
メーカー:小学館プロダクション
カテゴリ:Book
セールスランク:366199
Amazon.co.jp で詳細を見る