PS4 ProとPCの4Kゲーム画質比較に関連した画像-01

4K解像度への対応が正式発表された高性能版PS4「PlayStation4 Pro」。

海外サイトでは早速『ライズ・オブ・トゥームレイダー』PS4 Pro版とPC版のスクリーンショットを比較。4K解像度にアップスケールされたPS4 Pro版ゲームが、ネイティブ4Kで描画されたPC版にどこまで迫れるのか。ご覧いただこう。

PS4 PRO(4Kアップスケーリング)
PS4 ProとPCの4Kゲーム画質比較に関連した画像-02
PC最高画質設定(ネイティブ4K)
PS4 ProとPCの4Kゲーム画質比較に関連した画像-03

PS4 PRO(4Kアップスケーリング)
PS4 ProとPCの4Kゲーム画質比較に関連した画像-04
PC最高画質設定(ネイティブ4K)
PS4 ProとPCの4Kゲーム画質比較に関連した画像-05

PS4 PRO(4Kアップスケーリング)
PS4 ProとPCの4Kゲーム画質比較に関連した画像-06
PC最高画質設定(ネイティブ4K)
PS4 ProとPCの4Kゲーム画質比較に関連した画像-07

<海外の反応>

かなり肉薄してね?

PS4 Proって実はすごいゲーム機なんじゃ・・・

GPU1つの価格よりも安いゲーム機で
ここまでの画質が出せるんだったら十分すぎじゃねw?


↑PC版のが確実にシャープだが、実際プレイしてたら気にならないレベルだよな

普通に凄いわ。これで399ドルは安すぎ( ゚д゚)

ただPS4 Proは4Kにすると30fpsに制限されるってのが欠点かな


どちらも非常に精細で高画質と言えるが、PC版は陰影表現・テクスチャ・被写界深度などの点で優位かつシャープなビジュアルを実現しているのが判る。

しかし4万4,980円のゲーム機がアップスケーリングながらもネイティブ4K画質にここまで肉薄しているというのは驚きだろう。本作をPS4よりも快適(4K/60fps)に動かしたいとなれば、例えばTitanXというGPUだけでも1200ドル(約12.3万円)だ。

PS4 Pro版 VS PC版
PS4 ProとPCの4Kゲーム画質比較に関連した画像-08
高解像度版スクリーンショット
PS4 Pro版(1.9MB)
PC版(9.7MB)
PS4 Pro版 VS PC版(7.1MB)

<海外の反応>

左が399ドル、右が1200ドル超えって言われたら・・俺なら左を選ぶぞ(笑)

『ライズ・オブ・トゥームレイダー』は要求スペック高すぎ
「GTX980Ti」ですら4K/30fpsが安定してプレイできなかったし


4K/60fpsでプレイしたければ「GTX1080」2枚挿し必須
つまり、まぁGPUだけで余裕で1200ドル超えてくるというwww


ガチ勢もPS4 Proで”妥協”すると思うの

↑俺は30fpsじゃプレイしたくないんだよな〜

PS4 Pro版『エルダー・スクロールズ・オンライン』はネイティブ4K対応らしい!
どれぐらいのソフトがネイティブ4K対応するか分からんが、相当楽しみではあるw

超拡大比較しなければ気にならない・・4.5万か(゚A゚;)ゴクリ
PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

発売日:2016-11-10
メーカー:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
カテゴリ:Video Games
セールスランク:
Amazon.co.jp で詳細を見る

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)

発売日:2016-09-15
メーカー:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
カテゴリ:Video Games
セールスランク:
Amazon.co.jp で詳細を見る

翻訳ライター募集中

ユルクヤルでは翻訳ライター募集中です!ネタ投稿もお待ちしてます!