パキスタン政府が『ドラえもん』放送禁止に関連した画像-01

パキスタン正義運動(PTI)の議員が3日、日本の国民的アニメ『ドラえもん』の放映禁止を巡って政府に決議案を提出。一体なぜ『ドラえもん』が槍玉に上がってしまったのか?

その理由をパキスタンのメディアが考察していたので抄訳したい。

パキスタンの子供たちにも爆発的な人気を誇るアニメ『ドラえもん』。あまりの人気の高さからパキスタンでは毎日放送がされており、そのため子供たちはテレビに釘付けになっている。

しかし今、パキスタンでは本作の放送禁止を巡って議論が行われている。一体なぜか?

『ドラえもん』ではサボること、テクノロジーに頼り切ることを子供に教えており、またイジメを助長するような内容だ。さらにのび太はしずかちゃんを口説くため「家においでよ」「夜はお家で一人きりなの?」など子供には”不適切でくだらない”シーンも盛り込まれている。
パキスタン政府が『ドラえもん』放送禁止に関連した画像-02

<海外の反応>

ハハハハハ!どうせならドラえもん拘束して牢屋にぶち込めよww

パキスタンの恥でしかない。

アニメなんか作り物で子供向けのお馬鹿な内容なんだし、こんなの放送するのは国家の威信に関わると思う。個人的には放送禁止を進めてもらいたい。

↑俺も放送禁止に賛成。うちの子もアニメの影響で変な喋り方してるし。

こんなことして何になるの?こういう政治家に俺たちの血税吸い取られてると考えると腹立つわ。

さっきテレビつけると真剣に大人たちが『ドラえもん』の是非をめぐって討論してたんだが・・こんなクレイジーな日が来るとは誰が想像していたであろうかw!


ドラえもんがのび太に道具を渡すと、必ずと言っていいほどのび太はまずママにその効果を試そうとする。それでママが大変な目にあってもお構いなし。次のシーンでは、のび太は怒られたい一心でしずかちゃんにも同じことを試そうとするのだ。

『ドラえもん』は単なるお気楽アニメではない。これからの世代を担う子供たちの文化的価値観やパキスタンという国家的価値を根底から揺るがす害悪なのである。

言うまでもなく、24時間放送のアニメチャンネルは子供の健康・教育に悪影響を及ぼすだろう。他国メディアの”侵略”から国家を守るため、良い未来を築き上げるため、『ドラえもん』放送禁止は妥当だ。
パキスタン政府が『ドラえもん』放送禁止に関連した画像-03

<海外の反応>

ジョークニュースじゃないだとwwww

ドラえもんを葬り去ろうとする輩は誰であろうと、うちの5歳の息子の激昂を買うことになるぞ!政府は誰を敵に回しているのか良く考えた方がいいと思う。

政府はもっと虐待や殺人とか現実的な問題を話し合えよ・・『ドラえもん』に貴重な時間を割くほど余裕あるのか?

ドラえもんが出してくれる「非現実的な魔法」に夢を見るような、そんな大人になって欲しくないんだろうな。子供の将来を考えての決断だろうし、単純にバカだなーとは言い難いね。

↑ドラえもんって実在してたのか?wwww

政治家「タケコプターつけてるロボットとか監視ドローンに違いない!」

バカだなーw
映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生 [Blu-ray]

発売日:2016-08-10
メーカー:ポニーキャニオン
カテゴリ:DVD
セールスランク:223
Amazon.co.jp で詳細を見る

ズートピア MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

発売日:2016-08-24
メーカー:ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
カテゴリ:DVD
セールスランク:1
Amazon.co.jp で詳細を見る