車にぶち当たっても助かる人間「グラハム」に関連した画像-01

人類が今後も絶え間なく進化し、自動車事故にも耐性のある体を獲得するとなると、一体どのような外見になるのか。オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が、超人的なヒト”グラハム”の彫像を作成。

「交通事故に巻き込まれても助かる人間の姿」を初めて公開した。

こちらが車にぶち当たっても助かる人間「グラハム」
車にぶち当たっても助かる人間「グラハム」に関連した画像-02
車にぶち当たっても助かる人間「グラハム」に関連した画像-03
車にぶち当たっても助かる人間「グラハム」に関連した画像-04

<海外の反応>

怖すぎワロタwww

おっぱいが余分についてたところで、車と正面衝突したらクッションにすらならないだろ(笑)これ彫刻した奴らは何考えてんだw

↑きっと体中の乳首が衝撃に反応、体全体に重圧を分散させる特殊効果を生み出すんだよ。

これ事故に耐性がある人類じゃなくて、もうすでに何度か重大な事故に巻き込まれたバケモノの姿やがな!!

元カノにしか見えんのだが・・

↑ゴ、ゴツいですwwww


この彫像作品は外傷外科医、交通事故調査専門家、メルボルン在住の彫刻家パトリシア・ピッチニーニ氏がデザインしたもの。事故にも耐えうる外見的特徴を備えている。

「グラハム」には首がないため、折れる心配はない。また肋骨と肋骨の間は固く分厚い脂肪で膨れ上がっており、車と衝突した際にはクッションの役割を果たすだろう。さらに平らな顔のおかげで耳や鼻が折れることもない。

車が突進してきてもジャンプして避けれるような健脚も持っており、万が一ぶつかったところでヒザはあらゆる方向に曲がるため何の心配もいらないのだ。
車にぶち当たっても助かる人間「グラハム」に関連した画像-05

<海外の反応>

悲しい目すんなwwwww
車にぶち当たっても助かる人間「グラハム」に関連した画像-06

さすがオーストラリア人やな。カンガルーに蹴りをいれられ、荒野を走るトラックにぶつかって進化していったら、あいつら確かにこんなゴリラに進化するだろうな。

ゲラゲラ笑いながらキャラ設定を考えたとしか思えん出来だわw

俺はこれまで自分を醜い部類に入ると思ってたが、これには負けるわ。つーか俺がこんななのは他の人類よりも進化したせいだったのか・・!

お前ら聞いてくれ!俺は果たしてこいつでシコれるのか。これまでの人生の中で一番の壁に思えたが、俺はついに成功したぞ!!

↑吹いたwwwお前こそ真の賢者だwwww

素晴らしい発想力!というか尼さんカンガルー肉扱ってるってどうなのw

沈黙のカンガルー 全5種 ガチャガチャ

発売日:
メーカー:奇譚クラブ
カテゴリ:Hobby
セールスランク:88496
Amazon.co.jp で詳細を見る