北米で『シュタインズゲート』が再び人気に関連した画像-01

北米の興行収入ランキングを伝える「THE NUMBERS」が、Blu-rayディスクの最新売上データを公開。アニメ『STEINS;GATE(シュタインズゲート)』のコンプリートシリーズが全米チャート堂々の18位をかざる大躍進を見せている。

アメリカで『STEINS;GATE(シュタインズゲート)』人気が再加熱している。2014年9月にリリースされた同作のBlu-rayセットが、4月24日付の最新売上チャートで急浮上を見せたのだ。

週間販売本数は『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』などの大作と並ぶ、8,067本を記録し全米Blu-ray販売ランキング18位。前週から1,501%も売上が増加しており、82週目にして10万枚の大台にのった。

北米のBlu-ray週間売上チャート
18位:STEINS;GATE(週販8,067本、累計10万5,977本)
北米で『シュタインズゲート』が再び人気に関連した画像-02

<海外の反応>

1501%上昇って・・この週に何があったんだwww

これは快挙ですな。

このネット配信主流の時代なのに、まだ円盤買う人いるんだね。実は俺もコレクター感覚で円盤集めるの好きなタイプだからこのニュースは素直に嬉しい。

10万人のうちの1人だわ!だって最高に素晴らしい番組だったし、安いのも嬉しいよね。

↑同じく、いつか小説の方も買おうかと思ってるぐらいに好き。

少し調べてみたが、劇場版『ワンピース フィルム ストロングワールド』でも北米では売上2万枚いかないレベルなんか・・。『ドラゴンボールZ 復活のF』は23万枚前後。これ考えるとシュタゲはかなり売れた方な気がする。


なぜ今アメリカで『STEINS;GATE(シュタインズゲート)』が売れているのか。

正統続編となるゲーム『STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)』が今年海外でも発売されることや、本Blu-rayセットの価格がかなり手頃(約3,000円)になったことが人気爆発の要因になったと考えられる。

特に続編ゲームの存在が、今後もアニメ売上を牽引してくれることは間違いないだろう。
北米で『シュタインズゲート』が再び人気に関連した画像-03

<海外の反応>

ここまで売れてるのは円盤自体が安いから、続編ゲームがあるからなのかね?単に物語が良いからじゃねーの?

アニメは配信主体で観てるが、唯一シュタゲだけはブルーレイ買ったわ!

↑10万本達成というのは1つの区切りみたいなもんだよな。この大成功はきっと次作『シュタゲ0』のアニメ化にも繋がると信じてる。

シュタゲは話数も少ないし、ストーリーは抜群に面白い。そしてコンプリート版でも安いのが何よりいいよね。他のアニメだとこうはいかない場合が多いと思う。

『鋼の錬金術師』とか『HUNTERXHUNTER』も面白いんだが、長いのが正直ツライw

【PS 4版】 STEINS;GATE 0 【初回封入特典】PS4版「STEINS;GATE HD」DLCコード同梱

発売日:2015-12-10
メーカー:5pb.
カテゴリ:Video Games
セールスランク:547
Amazon.co.jp で詳細を見る