メアリー・アン・ノーランド死亡記事に関連した画像-01

米紙が掲載した、ある女性の死亡記事が注目を集めています。

「トランプ対クリントン」一騎打ちの構図になることがほぼ固まった11月の大統領選ですが、これにNOと言いたかったのでしょう。彼女のお悔やみ欄には「どちらかの候補に投票するぐらいなら死を選ぶ」と掲載されていたのです。



リッチモンド・タイムズ紙に掲載の死亡記事
メアリー・アン・ノーランド死亡記事に関連した画像-02

<海外の反応>

!?

これはwwww

おばあちゃんwww気持ちは分かるwwww

歴史上最低最悪の大統領争いだもん。出来ることならどちらも選びたくないって人が多いはず・・その意味で彼女は正しいよ。

死亡記事ってこんなブラックジョークも許されるんか・・

こういう風に書くよう、生前おばあちゃんから言われてたのかな?


この死亡記事は、亡くなったメアリー・アン・ノーランドさん(享年68歳)のお子さんが投稿したもの。ユーモアのセンス抜群な彼女には「最後も笑ってお別れしたい」ということで、このような文面にしたと言います。

生前は看護師で、いつも周りの人に気を配る優しいおばあちゃんだったノーランドさん。

肺がんの闘病生活で命を落とした彼女ですが、この死亡記事を見て「天国でも大笑いしていてくれたら」と家族は心から願っているようです。
メアリー・アン・ノーランド死亡記事に関連した画像-03

<海外の反応>

家族のユーモアセンスに脱帽!みんなに愛されてたってのがビンビン伝わってくるw

結構際どいユーモアセンスだがなwwww

何気にちょっと感動したわw私が死ぬ時には、うちの子もこうやって笑いながら送り出してくれると嬉しいかな!まぁ子供はいないんですけど(笑)

はぁ?お前ら正気か?身内の不幸を利用して政治を茶化すとか・・どうかしてるだろ!!

↑個人的にはいいと思うけどね。俺は自分の葬儀では猿のコスプレ&バナナの形した棺桶に入れてほしいもん。んで吹き出した人は棺桶の周りで踊らないといけない~みたいな。何が言いたいかっつーと、もっとユルク生きようぜってこと。

暗くなるよりかはいいよね。といっても自分ではこういったこと出来ないけど!

あの世でも大笑いしていてくれたら何よりですね。こうやって笑顔で家族の死を送り出せるのって素敵だと思います。
死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)

発売日:
メーカー:中央公論新社
カテゴリ:Book
セールスランク:6704
Amazon.co.jp で詳細を見る

神社の神様に聴いた 天国に行ける人、行けない人

発売日:2016-02-19
メーカー:かんき出版
カテゴリ:eBooks
セールスランク:46271
Amazon.co.jp で詳細を見る


あわせてユルク読みたい記事

【悲報】ヒラリー候補は『デレマス』信者!? お前らの悪ふざけのせいで勘違いする外国人が続出wwwwww
大統領候補トランプ氏、討論会中に自分の股間サイズが超デカイと宣言! アメリカ人も大興奮であるwwwwwww
アメリカ大統領選にヤバイ人が出馬!公約は「全国民にポニーを1頭与える」「過去に戻りISISを撃滅する」wwwww