『テトリス』の映画化に関連した画像-01

落ち物パズルゲームの元祖『テトリス』のハリウッド映画化が、本格的に始動しました。

米中合作となる本作『TETRIS ムービー』は、中国を舞台に繰り広げるSFスリラー作品。しかも全三部作!想像もつかないような壮大かつ驚愕のストーリーが待ち受けているといいます。




格闘ゲーム『モータルコンバット』を2度映画化したことで知られるラリー・カサノフ氏がこのたび、中国の実業家ブルーノ・ウー氏と手を組み、制作会社Threshold Global Studiosを設立。

劇場版『テトリス』は来年にも、中国などのロケ地で撮影が始まります。

海外メディアの取材に応じたカサノフ氏は本作について「驚異のSFスリラー3部作」だと明かしており、また「誰にも想像できないような驚きの作品になる」と自信をのぞかせています。
『テトリス』の映画化に関連した画像-02

<海外の反応>

まさかの三部作www誰得なのwwwwww

これ何の冗談w?

絵文字のアニメ化だけじゃなく、テトリス映画化って・・ハリウッドは正気かよ!?

映画のネタバレ。。隙間なくブロックが落ちた瞬間、消えてなくなるw

テトリスで唯一学べることがあるとすれば「周囲に迎合しようとすれば消えてなくなってしまう」ってことだよな。ゲーム上ではそれが”勝ち”だが、人生においてもそうなのか。その辺を問いかける深い映画にしてもらいたい。

2時間丸々誰かがテトリスやってる挑戦動画の方が面白いんじゃねw?

何気に楽しみ!これ緊張感とかパネェわwwww
『テトリス』の映画化


本作では『ハリーポッター』や『スパイダーマン』『トランスフォーマー』で手腕を振るったデイン・スミス氏がVFXを手掛けるとあって、ビジュアルにも注目とのこと。

制作費は8,000万ドル(約87億円)が見込まれており、ゲームを題材にした最近の映画では『ピクセル』と同じくらいの高予算となっています。
『テトリス』の映画化に関連した画像-03

<海外の反応>

>デイン・スミス氏がVFXを手掛ける
スミスの無駄遣いだろwww

中国人はドブに金を捨てるのが平気なのかw

↑いや、さすがにこれ罰ゲームだろ!きっとなにかの賭けに負けたんだって!普通ここまで金出して「テトリス」映画化しようなんて思わないしww

映画冒頭部分はゆっくり始まって、次第にスピードが速くなっていくって演出であればテトリスらしさはありそうかな。

映画製作前なのにもうすでにオワコン臭が漂ってるんだけどwwww

映画「テトリス」と言えば、こんな予告も話題になったね。これ以上のクオリティにはできなさそうな気もする。

3部作とは大胆すぎる・・
TETRIS

発売日:2011-10-20
メーカー:バンダイナムコゲームス
カテゴリ:Video Games
セールスランク:5684
Amazon.co.jp で詳細を見る

ぷよぷよテトリス スペシャルプライス

発売日:2015-11-19
メーカー:セガゲームス
カテゴリ:Video Games
セールスランク:901
Amazon.co.jp で詳細を見る


あわせてユルク読みたい記事

【黒歴史】実写映画『ドラゴンボール エヴォリューション』脚本家が正式にファンへ謝罪
『ポケットモンスター』ハリウッド実写映画化がついに始動! 権利を巡りソニーなど大手スタジオが争奪戦wwwww
アメリカ人に「戦隊モノ」を映画化させた結果→ スーツがムキムキすぎてコレジャナイと話題にwwwww