チップ廃止を高らかに謳った米企業Uberが集団訴訟に関連した画像-01

チップ不要でユーザーから絶大な人気を博していた、米国生まれのタクシー配車サービス「Uber(ウーバー)」。これまで同社では利用者からのチップ受け取りを固く禁じるシステムを導入していたが、これが大きな訴訟に発展。

Uberはチップ禁止を撤回、委託ドライバーの主張に折れる形となった。




チップ受け取り禁止は労働法に抵触するとして、ドライバーから集団訴訟を起こされていた米企業「Uber(ウーバー)」。先日ようやく和解が成立。今後ドライバーは「利用者にチップを求めることができる」とする合意内容に至った。

しかし両者の争いはこれで終わりではない。Uberは今月28日、本サービスは「チップ不要」と改めて強調。なぜチップ制度に反対なのかー同社は以下の声明を発表し、委託ドライバーを牽制した。


・チップを渡すのは自由だが、必要なものではない

・配車利用で実際いくら支払う/得られるのか明確になる意味で、チップ禁止は良い選択だと信じている。明朗会計で「楽ちんなサービス」という部分が利用者には高く評価されている

・チップ導入は不平等を生む。たとえ同じ距離を走っても報酬が異なるとあれば、ドライバーの間で格差が生まれる。さらに裕福な街で利用者を探すドライバーも出てくるだろう

チップ廃止を高らかに謳った米企業Uberが集団訴訟に関連した画像-02

<海外の反応>

チップ文化はもうヤメレ!!

チップ禁止で訴訟騒ぎって本当!?チップ不要なのがUberの魅力の1つなのに・・でもUber側もそれを理解してるって知れたのは朗報かな。

うん、チップなしだからこそ余計な心配せずに済むのがUberの利点だよな。

1つドライバーに言いたいんだが、現状の給料に満足してないなら別の仕事探せよ。チップとか知るかよ。自分の給料は自分が働いてる企業から貰え。

↑文句は言うけどUberはやめられないんだよ。虫が良い奴らだ。

でもチップ禁止で訴訟って相当だぞ?おそらくだが、委託ドライバーがUberからもらってる賃金は相当低いんだと思う。その意味では一番の被害者はドライバーなんだろうな。


Uberではサービス完了後にドライバー/利用者がそれぞれ相手を評価するシステムを採用しているが、チップの有無が評価に関わる恐れがある。

利用者にとってはチップを求めないドライバーが「良いドライバー」に、ドライバーにとってはチップを余計に出す利用者が「良い利用者」になる。つまり利用者に評価されるドライバーほど稼げないという不平等が生まれるのだ。


そもそも労働者がチップを求める背景には、不当なまでに低い報酬や労働条件などがある。

利用者にチップを求める必要がないほどUberが適正な賃金を委託ドライバーに渡していれば、このような問題は起きなかったのかもしれない。今後どうなっていくのか注目だ。
チップ廃止を高らかに謳った米企業Uberが集団訴訟に関連した画像-03

<海外の反応>

チップを求めるドライバーの強欲さにムカムカしてたが・・なるほどな。低い給料しか払わずにいかにも自分たちが被害者のように語るUberの方が本物の悪党じゃねーかwwww

企業が適正な報酬を支払えば済むこと。雇用者でもない俺たちがなんでお前らの肩代わりに奴らの賃金払ってやらないとなんねーんだよ!ふざけんなバッキャローが!!

チップ問題で非難されるべきはいつも雇用者側だよな。

消費者を大切に思うなら、まず自分たちの従業員を大切に扱うべきですよね~

は?Uberってそもそも完全に時間が拘束された職でもないだろ。自分の都合が良いスキマ時間を利用したバイトみたいなもん。なのに適正な賃金とか・・世の中舐めてんのか?

もうUberドライバーは給料いくら貰ってるのか開示しろ。その上で俺たちが判断してやんよ。

ウーバーよく使うけど、チップはやめて!だからこそウーバーは従業員大切にしてよね、バカ!
シェアリング・エコノミー ―Uber、Airbnbが変えた世界

発売日:
メーカー:日本経済新聞出版社
カテゴリ:Book
セールスランク:27711
Amazon.co.jp で詳細を見る

TAXi [Blu-ray]

発売日:2015-01-07
メーカー:ポニーキャニオン
カテゴリ:DVD
セールスランク:12037
Amazon.co.jp で詳細を見る


あわせてユルク読みたい記事

日本でチップは「侮辱」だけど、イタリアだとサービス料200%も普通らしいぞ!被害者ヅラして文句言ってもいけないんだってwwwww
海外のタクシーでボラれたことある日本人いる?管理人が仇を討っておいたから、恥ずかしがらずに絶賛していいんだよ?wwwww
【超期待】2020年東京五輪に合わせて披露される「世界を変える日本の未来技術」がすげええええええ!