VRアニメに関連した画像-01

ソニーの動画配信サービス「Crackle」が20日、VRコンテンツ市場への参入を発表。配信タイトルをVRヘッドセットの中で映し出す「バーチャルシアター」に対応するだけでなく、360度VR空間が広がる映像制作にも意欲を見せているようだ。

その第一弾として、ストップモーション・アニメ『SuperMansion』VR版の制作が決まった。




バーチャルリアリティ(VR)対応の動画配信はすでにNetflix、Hulu、HBOなど大手各社からサービス開始が予告されているが、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント傘下のCrackleも仲間入り。

眼前に広大なスクリーンが広がる「バーチャルシアター」への対応だけに留まらず、独自のVRコンテンツ制作にも本腰を入れる構えだ。

その第一弾として『ブレイキング・バッド』主演のブライアン・クランストン氏が製作・出演するとして話題になったストップモーション・アニメ『SuperMansion』VR版スペシャルの制作が明かされた。コンテンツはPlayStation VRやGear VR等のデバイスで視聴が出来る。
VRアニメに関連した画像-02

<海外の反応>

ついにソニーがPSVR向けのアニメを作ってくれる!!

どこの配信大手も最近やたらとアニメに力を入れだしてるよな。オタクが金をばらまくって秘密、漏らした奴は出てこいwwww

アマゾンではゆうに100ポンドを超えるBDコレクターズエディションが並び、世界各地のコミコンでは毎年すごい来場者数を叩き出している。嫌でも気付くだろ(笑)

秘密って何だよ。そもそもアニプレックスはソニー傘下だぞ。

新規顧客を獲得したいからって、ソニー必死すぎですからwwwww

↑あのさ、Crackleって無料サービスだぞ。長年運営されてるが、あるのは誰も気にもしない旧作とかばっかだから話題にすらならなかったんだ。ただアニメチャンネル新設&VR参入は朗報だろ、特にPSVRでVRアニメを期待してる連中にとっては。


この動きに加え、Crackleはアニメチャンネルを新設。『ウルトラヴァイオレット:コード044』『ヴァイパーズ・クリード』といった作品を無料配信しており、アニメファンの獲得にも動き出している。

なおソニーは去年「CEDEC 2015」にて、VRにおけるアニメコンテンツの制作事例を講演したことがあった。

これらのノウハウを活かし、今後『SuperMansion』のようなVR特化のアニメコンテンツを充実させられるか。そちらにも注目したいところだ。
VRアニメに関連した画像-03

<海外の反応>

ついにVRアニメの世界に住むことが出来るようになるのか。現実逃避が捗りますね!

>『ウルトラヴァイオレット:コード044』『ヴァイパーズ・クリード』
なかなか微妙なラインナップで吹いたwww

↑どうせ数では大手配信会社にかないっこないし、いいんじゃね?つーか、VRアニメよりも個人的には”ニッチなアニメタイトル”が増えるかって部分にしか興味ないわ。

うむ。どうせ無料だし、まずはタイトル数の拡張をお願いしたい。バーチャルシネマで観るアニメも十分楽しそうだしな!

マジでVRは各社に本腰入れてもらいたいね。せめて3Dぐらいの規模にはなってほしい。

この市場、盛り上がって欲しいですね。
Sony PlayStation VR

発売日:
メーカー:Sony
カテゴリ:Video Games
セールスランク:23638
Amazon.co.jp で詳細を見る



あわせてユルク読みたい記事

【悲報】PSVRがすでに転売屋の餌食に! オークション出品され高額落札者も現るwwwwwww
PSVRに「全部入り同梱パック」が登場! カメラ、コントローラー2個、ソフトが付いてお値段499ドル(約5.5万円)!!
『プレイステーションVR』は逆ザヤではない! 4万4980円の低価格ながら本体販売だけで利益が出るとの報道に、外国人感無量wwwww