南極大陸のアデリーペンギン15万羽が死亡に関連した画像-01

南極大陸コモンウェルス湾を住処にするペンギンに最大の危機が訪れている。

専門家によると、これまでに推定15万羽のアデリーペンギンが死亡。その原因となったのはこの一帯では当たり前のように見られる”アレ”の存在だった。




海に面したコモンウェルス湾デニソン岬では、これまで相当数のアデリーペンギンが生息していた。2011年には16万羽を数えるほどのペンギンコロニーだったのだ。
南極大陸のアデリーペンギン15万羽が死亡に関連した画像-02


しかしそれが現在では1万羽に激減。もう20年でコロニー自体消滅すると、オーストラリアのニューサウスウェールズ大学「気候変動研究センター」は調査結果をまとめている。
南極大陸のアデリーペンギン15万羽が死亡に関連した画像-03


大量死の原因となったのは超巨大氷山「B09B」だった。なんと面積はイタリアの首都ローマほど!それが2010年にコモンウェルス湾に漂着、海面を覆い尽くしてしまったため、食料とする魚が捕れなくなってしまったのだ。
南極大陸のアデリーペンギン15万羽が死亡に関連した画像-04

<海外の反応>

ビックリした。5年で15万羽が死んだのか!一気に大量死したのかと、ペンギン版アルマゲドンが起きたのかと思ったわ。

↑大量虐殺のがお好みでした?

よくデータとっておいたな。こうやって自然界では人間が知り得ないことも様々な場所で起きてるんだろうな~。自然はマジで恐ろしいわ。

自然は時に残酷だが、種を次のレベルに押しやるために必要なことなのかも。この地に生息するアデリーペンギンは、もっと効率良く歩く遺伝子を獲得していくかもしれん。

2011年以降16万羽のペンギンが他のコロニーに大移動しただけじゃねーの?15万羽が死んだとかこれ書いた記者はアホなのか?

↑そのソースは?俺はあんたの当てずっぽうな憶測よりも、実際にこの現場で科学的調査をして数字を出してきた科学者、そしてそれを報じるメディアを信じるが?

ちとググッてみたが、実際に死んだみたい。アデリーペンギンは繁殖地から別の場所には移住しないとか。生まれた住処に戻ってきて、そこで繁殖するらしいぞ。


2900平方kmの氷山が漂着してからというもの、ペンギンたちの生活は一変。近くの海まで約60km、険しい道のりをヨタヨタと歩いて行く必要が出てきた。
南極大陸のアデリーペンギン15万羽が死亡に関連した画像-05


この土地に100年以上も生息してきたアデリーペンギンだが、ものの4年で全体の94%が死亡。繁殖の際は卵を冷たい雪解け水から守るため小石の巣が必要になる。そこでコロニーは海岸部などの岩場に形成されるという。
南極大陸のアデリーペンギン15万羽が死亡に関連した画像-06


我々にとって氷河とは害のない”ただの氷の塊”のようにも思えるが、他の生物にとっては破壊的な影響を及ぼす”凶器”にもなり得るのだ。
南極大陸のアデリーペンギン15万羽が死亡に関連した画像-07

<海外の反応>

これじゃあ『アンハッピーフィート』じゃん。

それにしても、16万→1万とか悲しすぎですね・・・。

ローマの大きさの氷河ってのもスゴイ。急にそんなのが漁場に現れてみ?ペンギンにとってそれがどんだけ巨大なものなのか、想像もできんわw

氷河は最低のクズ野郎だな。タイタニックを沈めておいて、次はペンギンさんを見殺しか?俺たち人類が積極的に地球温暖化をしてあげてるからな!今にみてろ!!

16万→1万って、逆に言うと1万羽のペンギンさんは俊足なんかなw?いわゆる適者生存なのかもしれんね。

ペンギンに食べられる運命だった魚が生き残った!という朗報とも言えなくはない。

ペンギンさん(´;ω;`)

あわせてユルク読みたい記事

ペンギンにセーターを着せよう!→ペンギンを救うため、世界中に支援の輪が広がる!!
「コウモリ病院」に通うコウモリの赤ちゃんたちが想像以上に可愛すぎ!
井の頭動物園のゾウ「はな子」の飼育環境が劣悪だと海外で大問題に!「まるで牢獄」「ドン引きってレベルじゃない」