映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の海外レビューに関連した画像-01

日本では明日公開予定の最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ですが、海外大手メディアは一斉にレビューを解禁。どこも軒並み高い評価を与えており「絶賛が飛び交っている」と各所で報じられています。

以下、ネタバレなしのレビューを紹介します。




Rotten Tomatoesでの評価:96%(158レビュー)
映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の海外レビューに関連した画像-02

100点英紙ザ・テレグラフ
J・J・エイブラムス監督はあの懐かしい『スター・ウォーズ』を蘇らせることに成功した。しかも映画開始直後から楽しくこれを成し遂げたということに、一番ほっとしている。


100点米紙シカゴ・サンタイムズ
なんと美しく、スリリングで、驚きと喜びに満ち溢れた冒険なのだろう!


100点米紙USAトゥデイ
まるで子供が何か本当に特別なものを与えられた時のような、あの感覚を再び観客に与えてくれる作品になっている。


IMDbでの評価:91点(10331レビュー)
映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の海外レビューに関連した画像-03

100点英紙ザ・ガーディアン
「フォースの覚醒」は馬鹿げていて、メロドラマ的で、お涙頂戴もあるが、本作はエネルギーに満ち溢れており終始興奮させられるものだった。なんとも最高のクリスマスプレゼントだった!


90点米紙ニューヨーク・タイムズ
スリルに満ち溢れ、思いやり・愛情に心動かされる映画だ。エイブラムス監督は真の『スター・ウォーズ』ファンにも負けないほど本シリーズを愛して止まない人物だが、全員が楽しめる映画作りをしている。


80点米紙ワシントン・ポスト
「フォースの覚醒」は我々がよく知っている『スター・ウォーズ』でありながら斬新、あらゆる面で感情を揺さぶられる作品と言える。懐かしさと新しさとが絶妙に融合しており、並外れた一本に仕上がっている。


metacriticでの評価:81点(43レビュー)
映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の海外レビューに関連した画像-04

60点米誌タイム
特別で斬新さを感じさせるシーケンスもあったのだが、大部分はサプライズというより、満足感を与えてくれるタイプの映画だった。あらゆる点で”外し”はしない「期待に応えてくれるもの」だったが「期待を超えはしない」妥当な作品だったように思う。


未採点英BBC
77年公開の『エピソード4 新たなる希望』を思い起こさせる世界観が広がり、往年のファンを楽しませる要素が多いにある。続編というよりも70~80年代の映画を観ているような感覚にも襲われた。強力なキャラを中心に展開していくストーリーは、観客が必ずしも好きになるとは限らないが、共感を呼ぶものだった。


あわせてユルク読みたい記事

スター・ウォーズ悪役がウクライナ地方選でまさかの当選!たまらず「冗談なのに有権者は何考えてんだ?」と候補者マジレスwww
映画『スター・ウォーズ』を貸切状態で楽しむため、劇場前売券を全席買い占めた猛者が現るwwww
『スターウォーズ バトルフロント』最強のルーク・スカイウォーカー、壮絶な最期を迎えるwwwww