ケチャップとマスタードが同時に出る容器に関連した画像-01

日本のコンビニなどでフランクフルトやホットドッグを買うと付いてくる、「ケチャップとマスタードの容器(ディスペンパック)」。この我々にとっては何気ないパックが凄いと、外国人たちを震撼させています。




発端は海外掲示板redditに投稿された、こちらのスレッド。
ケチャップとマスタードが同時に出る容器に関連した画像-02


「日本のケチャップ&マスタードかけは素晴らしい!」と題されたこちらでは、片手で簡単にホットドッグにソースをかけるGIF画像が投稿されていました。
ケチャップとマスタードが同時に出る容器に関連した画像-00


外国人にとって、よほどインパクトの強いものだったのでしょう。料理カテゴリーでは異例とも言える1,000を超えるコメントを集め、さらにフロントページに掲載される人気ぶり。絶賛の書き込みで賑わっていました。
d4c7g3B.jpg 6.58.01-174(ドラッグされました)

<海外の反応>

これ考えた奴、天才だわ!間違いなく天才!

オーマイガー!日本人はまさしく俺たちの数年先を行ってるな。

思った。アメリカのファーストフード店も、ここから学ぶことあるんじゃないの?

効率を求める日本の姿勢は本当に並ぶものがないよな。イカれたクソッタレなことにかけての性癖も天下一品だがwwwww

↑仕事効率って意味ではそこまでだけどね。それでも、お客様の利便性を第一に考えるサービス主体の社会なんだと思う。

東京ディズニーランド、昼食のサラダでもこんな容器に入ったドレッシング渡されたの思い出した!どうやって使うのか分からずに色々押してたら・・噴水みたく飛び出して隣の席の女性の腕にかかったっていうwwマジであれには恥かかせられたわ。


実はこのディスペンパック、2種類の内容物を同時に出せるものは日本独自の技術であり、日本でしか手に入らないもの。パック自体はオーストラリアや韓国でも作られているものの、2種類のソースを出すことができるのは日本だけ!

外国人にとってみれば、とても珍しい容器だと言えます。
ケチャップとマスタードが同時に出る容器に関連した画像-03

<海外の反応>

私はオーストラリアで見たわ!あれには心底驚かされたもん!!

↑オーストラリア人だけど、こんなもんでスレが立つなんて正直思ってもみなかったわw「あ?普通のケチャップパックじゃねーの?」って感覚ww

アメリカでも80年代後半にあっただろ?たしかこれ無駄が多く出るし、在庫として置いとくにも場所を取るとかで使われなくなったはず。まぁかなり便利だし、気の利いた商品であることは確実だけどね。
ケチャップとマスタードが同時に出る容器に関連した画像-04

ケチャップ多めが好きな俺には向かないかも・・。

ホットドッグにケチャップつけるとかwwwシカゴ市民発狂すっぞwwwww

ケチャップは邪道。以上だ。

これ、マスタードが辛くて食べれない私の天敵なんだけど・・