お子様のデバイスの使用状況をアクティビティレポートで監視するに関連した画像-01

あなたがどのサイトにアクセスしたのか、どんな語句を検索エンジンで調べたのか、何時間PCを使ったのか。Windows10では、これらすべての情報が保護者へ向けて定期的にメール送信される監視機能がデフォルトでオンになっています。

Windows10の新機能ですが、海外で大きな波紋を呼んでいます。




指定アカウントのPC使用状況を監視する機能が搭載
お子様のデバイスの使用状況をアクティビティレポートで監視するに関連した画像-02


お子様のデバイスの使用状況をアクティビティレポートで監視する」という項目でお判り頂ける通り、ファミリーに追加されたMicrosoftアカウントでのPC使用状況はすべて保護者の元へとレポートが送信される仕組みになっています。

送信される内容
・PCで費やした時間
・アクセスしたWebサイト
・使用したゲームとアプリ
・Bing、Google、Yahoo!検索などの検索エンジンで検索した語句


<海外の反応>

子供を監視って、やりすぎでしょ!!

これは児童虐待に繋がりそう。だって例えば同性愛の子供なんか、この機能で親にゲイバレしたせいで縁を切られるってケースも増えると思う。もう本当「ありがとうマイクロソフト!」だわ。

うん、悩んでる子供だったら特に親バレは避けたいもんな。

中年男性にそそのかされて裸の写真を送った女子を多く見てきた検察官の立場として言わせてもらうけど、こういう機能があること自体は悪くないと思います。結局子供を守るのは親しかいませんし!使うのは家庭次第ですけどね。

↑子供が同性愛を隠してたせいで親に殴り殺された、って事件は担当をしたことがないんだね。これからもあなたにその役回りがないことを願うよ。

私が子供の時は、安心して自分だけの秘密をPCで作れたのに・・今の子供は息抜きできる場所も奪われるのね。これはあんまりよ!


子供にとってインターネットといえば、両親には相談しにくいこと、見られたくないものなどを検索できる唯一の場所でした。しかしそれが保護者に筒抜けとなるのならば、重大なプライバシー侵害であるだけでなく、児童虐待の元にもなりかねません。

一方、保護者の管理が行き届きにくいネット上の行動を追えるというのは、未然にトラブルを防ぐ意味合いもあるでしょう。
お子様のデバイスの使用状況をアクティビティレポートで監視するに関連した画像-03

<海外の反応>

俺の検索履歴なんて見られた日には・・両親絶望してしまうぞwwwww

こんな極悪な機能ついてたのかよ!アメリカにはゲイバレして両親に見捨てられたホームレスの子供が何千といるのに・・マイクロソフトが平気でスパイソフトを標準機能として仕込むとか恐ろしすぎるわ!!

↑数年前の記事だが、米紙ワシントンポストによると国内だけで160万人いるみたい。

逆に子供が危ない目にあう危険も事前に回避できるからなぁ・・これは単純にどっちがいいとは言えないわ。

親は子供を監視するんではなくて、見守ってやるぐらいが丁度いいと思うけどなー。

俺のところにも先日、子供のアクティビティレポートが届いてた。設定したつもりなかったから余計驚いたわ。Windows10はユーザーを監視してるって記事読んだばかりだったし、マジで背筋凍ったww

別に子供だけでなく、身内や恋人にも使えますね。”保護者”が監視したい人のアカウントを作成してファミリーに追加してあげればいいだけだから・・Win10怖ええええ