空港で買い物する時に搭乗券呈示に関連した画像-01

国際線ゲートには免税店が軒を並べていますが、買い物の際は必ずと言っていいほど搭乗券の呈示が求められます。あの手続きは、店側が免税申請するためだけのものであり、必ずしも消費者に税金分が還元されているわけではないのです。

イギリスではこれが大問題になっており、搭乗券呈示をボイコットする人も出ています。




【要約】
旅行者の多くは「搭乗券呈示により普通よりも安く買える」「セキュリティの一環で搭乗券のスキャンが必要」だと考えており、チケット呈示は法的強制力のあるものだとすら思っている

免税店では海外旅行者の搭乗券をスキャンすることにより売上の20%にあたるVAT(付加価値税)の支払いを回避しているのだが、それは店側が利益を上げるためだけにある

これを知った旅行者たちは、搭乗券呈示を拒否しているという

空港で買い物する時に搭乗券呈示に関連した画像-02

例えば、イギリス国内の空港では『ニベアの日焼け止めクリーム』が8ポンド(約1,550円)で売られています。EU圏外への旅行者が搭乗券を呈示することにより、店側は20%にあたる1.6ポンド(約310円)の返還請求が可能です。しかし、市内でも同じ商品が8ポンドで売られているのです。

英財務省大臣のデイビット・ガウキ氏は10日、こう苦言を呈しています。

「空港でのVAT免除は旅行者が支払う代金を抑えるためのものであり、店側が利益を得るためのものではありません。多くの小売店はこれを守っていますが、中にはそうでない業者もいます」

<海外の反応>

知らんかったwwwたまたま明日フライトだから、呈示拒否してみよーっと。

免税店と謳ってる以上、市内で買うよりも安くないとおかしいだろ。安くないんなら、なぜ小売店はVAT返還請求してるんだ?意味分からんがな。

消費者に消費税を払わせておきながら、店は返還請求だ?そりゃ盗みだろ!!!

搭乗券呈示って何かデータでも取ってるのかと思ってたが。こんなことしてたのかよ・・。

あいつら呈示が義務のように言ってくるが、なぜあそこまで必死だったか、これ読んでようやく理解できたぜ。嘘つきどもめがー!!

私も今度からチケット呈示拒否したいけど、口論になると面倒だなー。


商品によっては空港で買う方が高いケースも多く、この詐欺まがいの仕組みにより売上アップを図る小売店もあるのです。この法律の盲点をついた汚い手法に、消費者は搭乗券呈示を拒否するというシンプルかつ強力なボイコットを始めています。

もちろん店頭スタッフは様々な理屈をこね搭乗券呈示を求めてくるでしょうが、法的強制力はないようです。

免税分を消費者に還元していない小売店一覧(英紙インデペンデントより)
・Boots
・Dixons
・WH Smith


空港で買い物する時に搭乗券呈示に関連した画像-03

<海外の反応>

こりゃこすい!次Bootsで買い物するときは絶対搭乗券出してやんないわ。

つい最近ヒースロー空港で搭乗券呈示を拒否したんだが、買えなかったぞ。なんか「スキャンは絶対」だと上から言われてるみたい。

てか、免税店で買い物するとか笑い者だろ。スーパーのが安く買えるのに、なんでわざわざ旅行の荷物を増やしてまで空港で買いたいのかねぇw

これはいいこと知ったわ。ただ新聞買いたいだけなのに、毎回レジ前で搭乗券探すのイライラするもんな。セキュリティが理由だと聞かされてたが、嘘だったか。姑息な金の亡者どもめ!

ボイコットとかアホかよ。小売店は空港にバカ高いテナント料払ってるんだし、仕方ないだろ。そんなことやってると店が潰れるぞ?

まぁでも商品価格に納得してレジに行ってるわけだし、文句言えないかもな。

よくも騙してくれたな・・よくも・・・・