絵文字で読むシェイクスピアに関連した画像-01

日本の「絵文字文化」が世界で受け入れられるようになったのは、たかだか5年前。それからというもの「絵文字」は急速に普及し、ついに今年5月。英文学の最高傑作と謳われる『ハムレット』や『ロミオとジュリエット』などの古典文学が「絵文字」で”新訳”されるまでに!

これには、恐怖を覚える大学教授も出ているほどです。



「絵文字」で翻訳された、シェイクスピア作品集『OMG Shakespeare(オーマイガー シェイクスピア)』が登場!「若者言葉」や「絵文字」をふんだんに使ったカジュアルな作品に生まれ変わりました。

▼表紙を見てみましょう
絵文字で読むシェイクスピアに関連した画像-02

『YOLO Juliet』
・オリジナルは『ロミオとジュリエット』
・YOLOとは「(愚かなことをする時の言い訳として)人生は一度きり」の意

『A MIDSUMMER NIGHT #nofilter』
・オリジナルは『夏の夜の夢』
・nofilterとは「フィルター(加工)なし」の意

絵文字で読むシェイクスピアに関連した画像-03

『srsly Hamlet』
・オリジナルは『ハムレット』
・srslyとは「マジで」の意

『Macbeth #killingit』
・オリジナルは『マクベス』
・killingitとは「(良い意味もしくは悪い意味で)最高!やっちまったぜ!」の意


▼気になる内容は?

絵文字で読むシェイクスピアに関連した画像-04

オリジナルでは、「Thus with a kiss I die. (こうして私はくちづけをしながら死んでいく)」と書かれていたものです。劇的な情感はどこへやら、この人とても可愛らしい最期を迎えそうです。


絵文字で読むシェイクスピアに関連した画像-05

こちらは有名なセリフ「To be or not to be. (生きるべきか死ぬべきか)」です。ぶんぶんハチさんが飛ぶ姿は見ていてとても癒されますね!


絵文字で読むシェイクスピアに関連した画像-06

『ロミオとジュリエット』の有名なバルコニーのシーンも、なんと数行に意訳!原文のような長文をチャットで相手に送ろうものなら、完全にストーカー扱いですもんね!!


絵文字で読むシェイクスピアに関連した画像-07

絵文字版『ハムレット』では、マーセラスがバーナードに自分のスマホで撮影した亡霊の写真を送っているアレンジも加えられています。ホーリーウンコ!ホーリーウンコ!

<海外の反応>

おいおい。さすがにこれはナイわ。
絵文字で読むシェイクスピアに関連した画像-08

“To be or not to be.”クソワロタwwwwwww

ハチさんの絵って・・。こういう日本の絵文字みてたら発狂する若者も出てくるんじゃないかw?なんか別の言語を学んでる感じがするわ。

頑張って絵文字版読んでみたが・・原文のが全然簡単じゃねーかwwww

別にシェイクスピアのファンでもないが、バカの会話口調で本を書き直すとかイタすぎ。

でもシェイクスピアが今の時代に生きてたら、絶対こういう風に大衆向けに書くでしょww


▼各所から批判も

若い世代には大変とっつきやすい仕上がりとなっているのですが、中には「あまりにも悲惨」と怒りをあらわにする人も。英バッキンガム大学のアラン・スミザーズ教授もその一人です。

「(絵文字版シェイクスピアは)教育レベルがまた下がった証拠でしょう。

シェイクスピアは語られる物語が重要なのですが、それ以上に散文のリズム感やそこで使われている言語がコアになってくるものなのです。たしかに有益な部分はあるのかもしれませんが、本物の文学を失うことにもなります。子供や学生にとっつきやすくするのは賛成ですが、より良い教育でそれをすべきではないでしょうか」
絵文字で読むシェイクスピアに関連した画像-09

<海外の反応>

言語は生き物なんだし、現代の解釈で読み解くのもいいんじゃないの?それをしないから自分たちが守ろうとしてるものが失われている・・ってことに純粋主義者たちは気付かないんだろうか?

いやでも、シェイクスピアの作品はどれも美しい単語が随所に散りばめられた長文に”精巧さ”や”洗練された様子”を感じる文学なんだけどなぁ。絵文字や略語はその代わりにはならないと思う。

アホにはいいんじゃね?

こうやって子供たちはバカになっていくのね・・これ、恥だと思わないの!?

今の世代の子供は「頭が悪い」わけじゃないんだよな。ただ、どうでもいい娯楽が俺たちの時よりも周りに多く、時にノンストップで入ってきてるのは確か。

商業的に成功するのか見ものですね。