テロメアに関連した画像-01

先月30日、「テロメア」と呼ばれる染色体の末端構造の経過を観察した科学者チームが新たな発見をした。なんと、ガンになる人は発症の数年前に「テロメア」が”あるパターン”で急激に短くなることが判ったのだ。

これにより、ガンと診断される何年も前にガン発症を予測できるようになる可能性が出てきた。




染色体の末端部にある「テロメア」。

「末端小粒」とも呼ばれるものだが、染色体内のDNAを保護する役目をもつ。靴ヒモの末端についた”キャップ”のようなもの、だと考えると分かりやすい。年齢を重ねるごとに「テロメア」は短くなり、DNA損傷やアルツハイマー、糖尿病など加齢に伴う病気を発症しやすくなるという。

しかし先日、米ハーバード&ノースウェスタン大学の科学者チームが新たな発見をした。

792人を対象に13年間「テロメア」の変化を追ったところ、そのうち135人のガン発症者(前立腺癌、皮膚がん、肺癌、白血病など)はガンが分かる前に「テロメア」の長さが著しいスピードで短くなったという。健全者と比べると、「テロメア」は15歳ほど老化。その後は急に老化が止まり、3~4年ほどして初めてガンが診断されたのだ。

研究チームのLifang Hou博士は、「このパターンを理解することで、ガンを発症する身体なのか(最大13年前に)診断できるようになる」と期待している。
テロメアに関連した画像-02

<海外の反応>

予測するだけ?早く治療法を確立して欲しいわ。

本当ですね。ガンは根絶すべき!

早く見つかって完治するならいいけど、そうじゃないのなら自分が10年後にガンになるとか知りたくねぇわwww

こういう科学的大発見ってたまに聞くけど、どれも実現してないような?

今後正確な判定が出来るようになったとしても、密かにプロジェクト自体潰れそう。だって病院も研究者も、ガン患者からたくさん金を搾り取れるし。

↑それは違くね?今度はワクチンとか、そっちの方が盛んになるのかと。


しかし「そのような検査が100%信頼できるものとなれば・・高い盗難が発生する地域で住宅保険に入るようなもの」と話すのは、保険会社に勤めるMatt Sanders氏。

毎年の生命保険料は人によっては払えないほど跳ね上がる可能性もあります。ただ、早期発見がガン予防に繋がることになるのであれば、一概にそうなるとは言い切れないでしょうが」と警告している。
テロメアに関連した画像-03

<海外の反応>

保険料が払えないほど高くなるって・・こんなんだから保険会社はダメなんだよ!!

こういう話題に保険屋がしゃしゃり出てくんな!癪にさわるわ。

自分の健康リスクをあらかじめ分かっていれば、早期治療ってそこまで高くないだろうし・・本来なら保険料も安くしないといけないはずだよな?

うむー。早期発見で予防できるのならね、保険料高騰は回避できるかもだけど・・どうだろうな。

別ソースによると、将来「血液検査」で診断が出来るようになるかもとのこと。自分が10年後に癌を発症するのか・・手軽に分かる時代というのは少し恐ろしくもありますね。

あわせてユルク読みたい記事

超名医「ガンを治すとか馬鹿らしい。治療法の確立に金を使うのはムダ!」
サプリメントを摂りすぎるとガンになりやすい!米国癌研究会議で報告