アンザック・デーに関連した画像-01

25日、戦争記念日「アンザック・デー(ANZAC)」を迎えたオーストラリア。

第一次・第二次世界大戦で国家に身を捧げた兵士達の勇敢さを称えるため盛大な追悼式典が行われたのですが、あるテレビレポーターの発言が大問題に。これには数百の苦情が寄せられ、テレビ局が謝罪する事態に発展しています。




先に「アンザック・デー」とは何か簡単に歴史を紐解いてみましょう。
アンザックデーって何?

アンザックとは、第一次世界大戦のガリポリの戦いに加わったオーストラリア・ニュージーランド軍隊(ANZAC)のこと。今では第二次世界大戦を含め、国家のために身を捧げたオーストラリア兵を追悼する記念日になっています。

日本とどう関係があるの?

第二次世界大戦では、オーストラリアと日本は敵国でした。
アンザック・デーに関連した画像-02

オーストラリアは本土爆撃を受け、多数の犠牲者を出しました。そこで二度と同じような悲劇を繰り返さぬよう、「アンザック・デー」では元日本軍の捕虜(POW)となった退役軍人らもパレードに参加。自身の戦争体験を語るのです。

なお日本では8月15日は「終戦の日」ですが、連合国側は「対日戦勝記念日(VJ Day)」、つまり日本に勝利した日と定めています。


この日、テレビレポーターを務めるスコット・マッキンタイア氏は、アンザックを「帝国主義的侵略の証明である」とこきおろし、また「エジプトやパレスティナ、日本で広く強姦や強盗に手を染めた」戦争犯罪者だとツイート。

さらに「ヒロシマ・ナガサキへの原爆投下は歴史上最大のテロだった」などと発言し、オーストラリア国民のひんしゅくを買う結果になったのです。
アンザック・デーに関連した画像-03

(アンザック兵のことを指して)オーストラリアと何の対立もない外国への帝国主義的侵略を認めることは、現代社会のあらゆる理想に背くものだ。
アンザック・デーに関連した画像-04


これら”勇敢な”アンザックが行った、エジプト、パレスティナ、日本での簡易処刑、そして広く横行した強盗や強姦。(それらの犠牲者を)追悼します。
アンザック・デーに関連した画像-05


この国とその同盟軍がヒロシマ・ナガサキで行ったこと(原爆投下)こそ、一日で成した史上最大規模のテロ攻撃であったことも忘れてはいけません。
アンザック・デーに関連した画像-06

3万人のフォロワーを抱えるマッキンタイア氏、この一連のツイートには国内から多くの批判が寄せられました。それを受け、テレビ局SBSは「不適切極まりなく大変遺憾だ」とコメント。

今後は同局のレポーターとして番組に出演することはない、と謝罪しています。