「セルフィースティック」が世界中の観光地で使用禁止に関連した画像-01

スマートフォンで自撮りをするための棒「セルフィースティック」。

東京ディズニーランドを含む世界各国の観光地ではこれを「一脚」「三脚」などに当たる撮影補助機材とみなしており、いま規制や使用禁止の動きが出ています。



以下、「セルフィースティック」を禁止している代表的な名所です。

東京ディズニーランド(日本)
「セルフィースティック」が世界中の観光地で使用禁止に関連した画像-02


東京ディズニーシー(日本)
「セルフィースティック」が世界中の観光地で使用禁止に関連した画像-03


ニューヨーク近代美術館(アメリカ)
「セルフィースティック」が世界中の観光地で使用禁止に関連した画像-04

<海外の反応>

いいぞ!あらゆる公共の場で「セルフィースティック」は使用禁止にしてくれ。あんなの使う人間は、本当ナルシストの塊じゃねーのか?カメラばっか気にして周りは一切視界に入らないみたいな。

そうだ、「ナルキッソスの杖」と名付けよう!
【補足】ナルキッソス(神話):水に映った自分の姿に恋をし、衰弱死した美少年
「セルフィースティック」が世界中の観光地で使用禁止に関連した画像-05

他の人に撮ってもらえばいいだけなのにね!

↑いや、私は自撮り棒は嫌いだけど・・それでも他人にカメラとか携帯は渡したくないわ。信用できないし。

うん、カメラ渡すとそのまま持って逃げる奴がいるからね。まぁ他人の自撮り写真にあふれたカメラをパクる奴がこの世にどれだけいるのか、ってのは議論の余地があるがww

もう面倒だから、自撮りもろとも禁止でいいよww

美術館では特に、撮影に気を取られて美術品を傷つける可能性があります。

また他人への迷惑や、最悪危害を加えてしまう危険性も忘れてはいけません。イギリスではコンサート会場や、スポーツ施設への持ち込みが禁止されている場合も多くあるのです。

メトロポリタン美術館(アメリカ)
「セルフィースティック」が世界中の観光地で使用禁止に関連した画像-06


ベルサイユ宮殿(フランス)
「セルフィースティック」が世界中の観光地で使用禁止に関連した画像-07


ナショナルギャラリー(イギリス)
「セルフィースティック」が世界中の観光地で使用禁止に関連した画像-08

<海外の反応>

棒だもんな。撮影に夢中だし、高価な美術品なんかを壊してしまうかもしれん。

てか、美術館でカメラOKなのが逆に不思議だわ。全て禁止にしたらどうなのか?

↑それだけは勘弁してくれ。好きな絵画を撮影して、パソコンの壁紙したいんだよ・・。

先日美術館に子供たちが見に来てたんだけど、自撮りしてる子ばっかなのな。誰も作品をじっくり見ちゃいねぇ。せっかくの機会なのにね、もったいない気がした。

どうせならセルフィー持ってギャーギャー騒いでるアメリカ人も禁止にしてくれwwww

言っちゃ悪いけど、あの棒持ってる奴は馬鹿に見えるよな。

大英博物館、ルーブル美術館、フランス国立近代美術館など、「セルフィースティック」の使用禁止を協議している施設は多くあります。日本においても一脚禁止の寺院などが多く点在するので、事前に確認をした上でマナーを守って使いたいですね。