メアリー・セレスティア号のワイン試飲に関連した画像-01

米サウスカロライナ州の食品フェスティバルで、”熟成ワイン”の試飲会が行われた。

今から151年前、南北戦争時代の沈没船「メアリー・セレスティア号」から引き上げられた歴史的にも大変貴重なワインだったが・・。


バミューダ諸島の沖で見つかった、封鎖突破船「メアリー・セレスティア号」。
メアリー・セレスティア号のワイン試飲に関連した画像-02


1864年に沈没したその船の残骸からは合計5本のワインボトルが発見されていたのだが、つい先日、50人の参加者を招いてテイスティングが実施された。
メアリー・セレスティア号のワイン試飲に関連した画像-03


こちらが150年モノのワイン。
メアリー・セレスティア号のワイン試飲に関連した画像-04


メアリー・セレスティア号のワイン試飲に関連した画像-05


薄い灰色に濁っており、「柑橘類の風味があるが、生臭い泥水とガソリン、海水、酢を合わせたよう」な味だという。
メアリー・セレスティア号のワイン試飲に関連した画像-06

<海外の反応>

熟成させすぎワロタwwwwwww

↑てか、150年も海底にあったら、もうそれワインじゃないような・・。コルクから海水が染み入って化学反応起こしてるだろうしねぇ。

度胸試しに飲んでみたい。

いや、いくらなんでもこれは無理だわ。

灰色ってwwwwこんなの海に投げ捨てれよwwwwww

見た目だけでもう確実に不味そうですよね。

海底に151年も沈んでたワインの味なんか・・聞かれなくても分かるだろ。最悪だって。

これ高値で売れるだろうなwきっとワイン専門家なら、ありとあらゆる感情表現を使いこなして、この複雑かつかすかなアルコールの味わいを絶賛してくれるはずだしwww

今からちょうど150年前に終戦を迎えた、南北戦争(1861-65)。

ほぼ泥水にしか見えませんが、どのような思いを馳せながら飲んだのでしょうね。

あわせてユルク読みたい記事

科学者「大酒を食らうからバカになるのではない。バカだから大酒を飲むのだ!」
【海外の反応】日本のウィスキー「山崎」が世界一!イギリス人、悔しさのあまり歯軋りwwwwwww