マット・バックランドに関連した画像-01

この就職面接、始まる前から終わっていたのでしょうか。

いち企業の重役を務めるマット・バックランドさん。いつものように電車通勤していた彼ですが、知らない男性に押し退けられ罵倒されます。しかしマットさんはまたその人物と会うことになったのです。そう、自身が行う面接試験の場で。



イギリスはロンドンの地下鉄で事件は起きました。

女性に先に降りてもらうため、開いたドアの前で立ち止まっていたマットさん。

後ろにいた男性は邪魔だという意思表示で、マットさんの体を押します。マットさんは自分も同じ駅で降りることを説明しますが、その男性はマットさんを押しのけ、一言「くたばれ!」と吐き去って行ったのです。

マット・バックランドに関連した画像-02
重役のマット・バックランドさん


そして自分がとり行う面接に現れた男性が、その罵声を浴びせかけてきた張本人でした。

侮辱的な言葉を投げた相手の顔は全く覚えていなかったのでしょうか、マットさんにまるで気付かず。そこでマットさんはいくつか地下鉄に関連した質問を始めます。

すると・・「あっ!」と、とても気まずい瞬間が訪れたのです。

マット・バックランドに関連した画像-03
因果応報:地下鉄で俺を押しのけてくたばるよう言った男性が面接に来たよ。俺面接官なんだが・・

<海外の反応>

クソワロタwwwww最高!

こりゃ有能君でも不合格一直線コースだろwwwwww

人の性格とか個性って意識してない時、特に周りに気を使わなくていい場面で一番出るものよね!

↑そうそう。自分とはまるで関係ない人にどう接するか。その態度こそ、真の意味で、人の判断基準になるものだと思う。

世界は小さいからね。みんな気をつけないと。いつどんなときに知らない人に再開するか分からないし・・今回は裁きが下ったんだと思うw!

面接官として、これほどイジメ甲斐があった人はいないだろうねwwwwww

だから他人には親切にしろって・・あれほど。

「地下鉄の質問を立て続けにしていたら、どんどん彼の顔が険しくなっていくのが分かりましたよ!」とマットさん。ただ今件と仕事上のスキルは別問題だとして、正式な面接を行います。

面接の最後には「お互い笑顔で、電車でのいざこざは笑い飛ばすことが出来ました」とも語っており、求職者にとってはちょっと恥ずかしい、しかし人生の教訓となる1日だったのかもしれません。

ちなみに面接の結果は、不採用だったようです。
<海外の反応>

結局不採用wwwwwww

地下鉄の件は考慮に入れてないって話、絶対嘘だwwww誰がこんな奴と同じ会社で働きたいかよwwwwwww

社外でどんな人物なのか。企業が考慮するのは当たり前だよね。

お前らにも良い教訓になったじゃないか!みんなに優しく、な!

善い行いに金はかからない、ってね。悪い行いは代償が大きすぎるよ。

悪い行いは代償が大きすぎる、まさにその通りだと思います。

それにしてもマットさんはいい人そうですね。私が面接官なら嬉々として、求職者を泣かせるぐらい正論連ねてイジメてやるのに!考えただけでも楽しそうです。