3Dプリンターで家を建設に関連した画像-01

中国企業WinSunが、3Dプリンターの新しい可能性を示している。

このたび同社は、リサイクル済みの建設廃棄物を材料に3Dプリンターを使い家を建設。3Dプリント技術を用いた建設物としては過去最大の規模となる「6階建てのアパート」や「大豪邸」を完成させた。


こちらは3Dプリンタで作られた「6階建てアパート」。
3Dプリンターで家を建設に関連した画像-02


基本的な構造物は工場で造形され、それを現場で組み立てる施工方式を用いる。
3Dプリンターで家を建設に関連した画像-03


3Dプリンターの仕組みは至って単純で、リサイクル済みの建設廃棄物や、ガラス繊維、鋼鉄、セメントを混ぜ合わせたものを”インク”として噴射。厚い壁が出来上がるまでレイヤーを重ねていくというやり方だ。
3Dプリンターで家を建設に関連した画像-04

<海外の反応>

家作るのか・・こりゃ、すげーアイディアだわ!!

発想が天才すぎる・・イギリスにはここ45年欠けているものですね。

まさに画期的だな。ゴミ問題とか同時に処理してくれることを期待。

市場価格よりも安ければ、俺この手の家買っちゃうかも。低所得者向けに作ってくれるといいが・・頼むから、金持ちは物珍しさにこういった物件を買おうと殺到しないでくれ。価格が跳ね上げると意味ないし。

欲しい!アメリカでもこれしないかな?極小のアパートとはこれでオサラバだもんね!!・・中国の技術が俺たちのアメリカンドリームを叶えてくれるとか胸熱。

建設作業では通常多量の二酸化炭素排出が伴うのだが、この技術があれば廃棄物もリサイクルできる強みがある。
3Dプリンターで家を建設に関連した画像-05


建設作業員も有害な資材に触れるリスクが減り、よりクリーンで、騒音も抑えた作業が可能になってくるだろう。
3Dプリンターで家を建設に関連した画像-06


24時間以内にプリント可能な、建設費用10万ポンド(約1,780万円)の我が家。現在2万もの注文が入っているという。
3Dプリンターで家を建設に関連した画像-07

<海外の反応>

これが普通になれば、建設作業員も命の危険を脅かすリスクが減るよな・・「働く」っていうな!!

コンセプトとしては最高に素晴らしいが、どれぐらい年数持つかな?

耐久性ねぇ・・5年も建っていられたら立派かも。

そもそもどうやって修繕するんだ?耐久性は?子供騙しだろwwwwww

さて、話は「中国人が建てた家のクオリティ」という議題に移るわけだが・・

↑おまえさん、中国の建設物について知識が皆無みたいだね。新しく建造されてる住まいはどれも地震・台風・竜巻対策バッチリだぜ?

こういうニュースが出てくると、新時代の到来が実感できますね。