世界で最も危険な観光ツアーに関連した画像-01

英紙デイリーメールが先日、「世界で最も危険な観光ツアー」を発表

メキシコの「不法入国体験ツアー」や、見つかれば即拘留となるコロンビアの「コカイン製造ツアー」など。超危険な見物ツアーが選出されるなか、日本の「福島第一原発ツアー」も大きく取り上げられていました。


世界で最も危険な観光ツアー

ボリビア「デスロードツアー」
世界で最も危険な観光ツアーに関連した画像-02

毎年推定300人が命を落とす、世界で最も危険な道路「ユンガスの道(通称デスロード)」。

ガードレールもない切り立った断崖にあるこちらの道路でサイクリングを楽しむツアーがあり、恐ろしい、それでいてとても美しい光景に観光客が引き寄せられています。

コロンビア「コカイン製造ツアー」
世界で最も危険な観光ツアーに関連した画像-03

コカイン製造工場へと赴き、実際にコカインを製造ができるこのツアー。

9ドル(約1,100円)で参加できるツアーなのですが、地元警察に逮捕されるか、もしくは外国人を何年にも渡り拘束することで知られている準軍事団体により誘拐されるリスクもあります。

リトアニア「旧ソ連の地下壕体験ツアー」
世界で最も危険な観光ツアーに関連した画像-04

ソビエト連邦の地下壕で囚人体験が出来るこちらの「1984:サバイバルドラマ」ツアー。森の中で元KGB職員が扮する赤軍に襲撃されるところから始まりまり、地下壕へと連れて行かれます。

「抵抗した場合、精神的・身体的な処罰を受ける可能性がある」ため、あらかじめ念書に署名が必要です。

メキシコ「不法入国体験ツアー」
世界で最も危険な観光ツアーに関連した画像-05

メキシコからアメリカへの不法入国を行うこちらのツアー。

”入国審査官”や”国境警備隊”の追跡をかいくぐる、夜の越境体験が可能となっています。あくまで体験なので逮捕の心配はありませんが、夜の行動ともあり、転倒などの怪我はあるかもしれません。

ジンバブエ「ワニの群がる川でバンジー」
世界で最も危険な観光ツアーに関連した画像-06

ワニの生息地として知られるザンベジ川にかかる橋よりバンジージャンプが楽しめるのですが、2012年にはロープが切れてしまうという事故が発生。女性は命からがら助かったものの、鎖骨が折れる怪我を負いました。

ボリビア「採炭ツアー」
世界で最も危険な観光ツアーに関連した画像-07

背中にダイナマイトを抱えながら、狭い炭鉱を進むこちらの採炭ツアー。実際にダイナマイトを爆破させ、採炭の現場を知ることができます。

アメリカ「トルネード追跡ツアー」
世界で最も危険な観光ツアーに関連した画像-08

専門家とともに、危険なトルネード(竜巻)を追いかける10泊のツアー。230ポンド(約4.3万円)/日とお高めですが、”安全に”トルネード観察が出来るようです。

日本「福島第一原発(20km圏内)ツアー」
世界で最も危険な観光ツアーに関連した画像-09

チェルノブイリ以来、最悪の原発事故が起きた福島ですが観光地化計画が進められています。実際にこの現場で何が起きたのか。バスに乗り被災地を案内してくれるのです。

現在この地の放射能レベルは”低い”とされています。
<海外の反応>

福島の放射能レベルはは低くなっただ?ありえねーよ!

↑いや低いはず。放射能レベルに関しては、環境保全活動家なんかが嘘をたくさんばら撒いてるからねぇ。とても興味あるから、私は喜んで福島に行きたいけど?

どこもゴメンだね。僕にとっては自宅の玄関を出るのも大きな危険だし。

メキシコの不法入国体験ツアーとか誰が参加するんだ・・

↑1年に数百万の人w

危険なんてどこにでもあるよ。少なくともこういったツアーに参加する人たちはあらかじめ不測の事態に備えていると思われ。