日付の並び方に関連した画像-01

国によって日付(年、月、日)の表記の順番が違うのはご存知でしょう。

日本では「2014年12月17日」という並び方ですが、イギリスでは「17/12/2014」、アメリカでは「12/17/2014」というのが一般的です。各国とも独特の形式なのですが、「日本のが一番論理的」とコメントを集めていたので紹介します。


アメリカ人のロジック月→日→年)/ヨーロッパ人のロジック日→月→年
日付の並び方に関連した画像-02
日本のロジック年→月→日
日付の並び方に関連した画像-03

<海外の反応>

日本って、欧州とロジック(考え方)は同じだね!ただ逆方向になるだけで。

日本だと「2014年12月17日 23:59:59」の表記。時計やストップウォッチなんか、あらゆるカウンターが右から左に数字が変わっていくのと同じ。日付を並べる上では、これが一番正解な書き方だと思う。

パソコンでファイルが綺麗に並ぶのは日本式だな。だから日本のが最も厳密と言える。

↑それそれwwww俺も「年、月、日」の順番でファイルの名前つけてるけど、これが日本で使われてる形式だとは知らなかったなー。

俺は「日本のロジック」こそ唯一、真の意味でロジカルだと思うわ。年が一番大事な数字だから最初にくるべきだし、日なんかあまり重要じゃないでしょ?その意味で、欧州のはまぁ許せなくはないけど・・論理的かは微妙だな。

↑年なんてそもそも年に1度しか変わらないやん?毎日の生活の中では、「何年であるか」よりも「何日であるか」の方が大事じゃね?確かに日本のは論理的かも分からんが、使い勝手はどうなんだろうな。

どの数字が一番大事かは状況とか文脈次第では?日本と欧州スタイルはどちらも同じように理にかなってるとは思う。

確かに写真ファイルなどのソーティングには「年、月、日」の表記が一番綺麗に並ぶんですよね。

コメントでお分かり頂ける通り、「大きいもの」から「小さいもの」へと記述していく流れの美しさは、外国人にも広く受け入れられているようです。
<海外の反応>

日本もそうだし、ハンガリーとかでも同じ順番だよ。あと中国なんかもそう、名前を書くときには「名字→名前」って感じだしね。個人的にはこちらのが論理的だと思う。

↑何も知らねーバカだな。どの国でも正式に名前を書くときは「姓→名」の並びだぞ?

私が住んでるスウェーデンでも日本式(正式にはISO 8601)ですよ。EUの表記に比べると断然論理的かな。ただここでは、免許書だけはEUの基準に従わないとダメだから「日、月、年」の順番だけどね!

日本のはファイル分けに便利。欧州のは日常生活で便利。アメリカは・・・w

日本>欧州>UNIX時間>アメリカ