カシミールジャコウジカに関連した画像-01

鋭い、まるでドラキュラのような牙を持った鹿をご存知でしょうか?

いいえ、知らなくても当然です。なぜならこの鹿、1948年にアフガニスタンで生存が確認されてからというもの、これまで姿を消していた絶滅危惧種なのですから。


吸血鬼のようなキバを持つ「カシミールジャコウジカ」
カシミールジャコウジカに関連した画像-02

カシミールジャコウジカに関連した画像-03

60年以上に渡り生存が分からなかった「カシミールジャコウジカ」。このたびアフガニスタン北東部で5匹の生息が確認されました。

ジャコウジカの腹部にある「ジャコウ腺」から得られる分泌物(ジャコウ)は有史以前から薫香や香油、薬などに用いられていられており、それがこの種の乱獲に繋がります。その結果、現在では絶滅の危機に瀕しているというわけですね。

ちなみにオスの口元にある凛々しい牙は、繁殖期に他のオスを撃退したり、メスの鹿に注目してもらうためのもののようです。
<海外の反応>

なにこれ可愛い!

本当、牙があるのに可愛いじゃんww

これはかわいい吸血鬼だわww

密猟者は最悪だよね・・。

あらー。こんな記事書いたら、また密猟者が増えるんでは?しかも絶滅危惧種だから早急に狩らないといけない!っていう、動機付けもあるし。こういう記事は好きだけど、略奪でのうのうと生きてるような連中は本当嫌いだわ!!

ジャコウジカはハンターに復讐を考えているはず。彼らが本能的に狙うのは、下半身だね。キバを両方にぶっ刺してやれば、ハンターはハンターの子を産めなくなるから、鹿は平和に暮らせるんだ。

↑あはは、だといいな。アフガニスタンの連中は鹿を食うんだと思うけどw

アフガニスタン人たちは食料にするね。今世紀初頭アメリカバイソンを絶滅寸前にまで追い込んだアメリカ人とは違ってね!!

↑こうやって他の文化を型にはめて語るのはアメリカ人だよな。俺たちアメリカ人はさ、金のためならなんでもやる欲深い人種だと思われてるんだぞ?ホッキョクグマを狩猟しまくるわ、高級住宅を建設してオオカバマダラの生息地を奪うわ・・資本主義は良くないシステムだと思う。

何が悲しいって、アメリカ人は歴史から何も学ばないことじゃないかな。

なんで全部アメリカ人のせいにしてんの?他の国も同じようなもんだろが。

あわせてユルク読みたい記事

外国人「奈良の鹿がするお辞儀には騙されるな!付きまとうし、マジで厄介だから」
【貴重】まるで絵本の世界!泳げない小グマを3匹、背中に乗せて川を渡るグリズリーのお母さんが撮影される
うああああああ!イギリスには吸血鬼が15,000人もいるんだって!!!(イギリス人の反応)