タグ:日本

    米紙「世界で気候危機が叫ばれてるのに、日本は汚い石炭火力発電所の新設を急いでいる。環境配慮のアピールが弱まるのではないか」

    石炭火力発電所に関連した画像-01

    米ニューヨーク・タイムズ紙が「気候危機にも関わらず日本は石炭火力発電所の新設を急いでいる」とする記事を掲載。いまだ石炭燃料に依存し続ける日本の電力事情に疑問を投げかけています。
    続きを読む

    日本は世界で最も父親の育児休暇に寛容な国だった! 誰も取ろうとしないけどwwwww

    日本の育児休暇に関連した画像-01

    ユニセフの2019年の報告によれば、世界41ヶ国の上位富裕国において父親に法定の育児休暇を認めているのは26ヶ国。うち、もっとも寛容な制度を導入しているのは、日本、韓国、そしてポルトガルの3ヵ国だそうです。
    続きを読む

    海外「日本人は子供生まなすぎ! 今年51万人も人口減るのに移民受け入れないとかヤバない?」

    日本の出生数に関連した画像-01

    厚生労働省が2019年の人口動態のデータを発表。その記録的な数字を海外メディアも大きく報じています。
    続きを読む

    「痴漢だらけの日本で”痴漢撃退ハンコ”が30分もせず完売」 海外メディアが一斉に報道

    痴漢対策用のハンコに関連した画像-01

    朱肉のいらない印鑑を手がける文具メーカー「シャチハタ」が、痴漢対策用のハンコを発売。販売開始後30分足らずで売り切れたとして海外でも注目を集めている。
    続きを読む

    「日本は韓国の味方だ」韓国の著名ユーチューバーらが反韓を掲げ始めたとの報道! 海外メディアが大きく取り上げる

    韓国に関連した画像-01

    韓国への不信感から日本政府は輸出規制強化に乗り出し大きな国際問題に発展しているが、日本に思わぬところから”味方”が現れている。韓国の著名評論家らがYouTube上で文在寅大統領を攻撃し始めたのだ。

    海外メディア「ロイター通信」や「ニューヨーク・タイムズ紙」が報じている。
    続きを読む

    「訪日外国人のマナーの悪さが近年問題に」 海外記者の嘆きに共感の声

    訪日外国人に関連した画像-01

    「日本にいる時は日本人のマネをし、ひどい観光客にならないように」

    海外メディアKotakuのブライアン・アシュクラフト記者が、日本を訪れた外国人観光客による迷惑行為を列挙。これから日本を訪れる読者に向けて注意喚起をしています。
    続きを読む

    女性は結婚せず子供も産まない方が幸せとの研究結果→ 外国人「日本は出生率低いのになぜ幸せそうじゃないの?」

    結婚と幸福度の関係に関連した画像-01

    ロンドンLSE大学のポール・ドラン教授が、結婚と幸福度の関係性について調査結果を発表。かつては「女性の成功の象徴」とも言われていた結婚ですが、現代では必ずしも幸せとは直結しないようです。
    続きを読む

    【悲報】日本に移住した外国人が子供の弁当にサンドイッチを持たせた結果、恐怖の同調圧力をかけられてしまう

    キャラ弁に関連した画像-01

    日本に移り住んでいた、オーストラリア国営放送ABCのキャサリン・テイラー記者。彼女は子供に持たせた弁当のことで「屈辱を味わった」として記事を掲載しています。
    続きを読む

    「日本」を思わせる言葉は退役軍人に対して不謹慎だ! オーストラリアの戦没者追悼記念日に演奏するバンドを巡り物議

    ANZACの日(アンザック・デー)に関連した画像-01

    オーストラリアでは4月25日、国を挙げて戦没者を追悼する『ANZACの日(アンザック・デー)』が行われる。いまだ退役軍人の中には”Tokyo”という言葉に怯えている人が多くいるようだ。
    続きを読む

    【海外の反応】なぜ日本はここまで麻薬に厳しいのか?

    日本の法律、麻薬に関連した画像-01

    ピエール瀧氏の違法薬物使用の容疑による逮捕を受け、海外では「日本社会における麻薬使用のリスクの高さ」に注目が集まっています。 続きを読む

    【すげぇ】日本人は76歳になるまで65歳の外国人が抱える病気になりにくいことが判明! 世界で最も健康的な国だった!

    世界の疾病負担研究(GBD)に関連した画像-01

    日本人は76歳という高齢になるまで、平均的な65歳の抱える健康リスクが発生しにくいことが判明。世界で最も健康的な国であることが判った。
    続きを読む

    プーチン大統領のカレンダーが日本で売上1位! 海外紙もこの異例の現象をこぞって取り上げる事態にwwwww

    プーチン大統領のカレンダーに関連した画像-01

    ロシアのプーチン大統領(66)の2019年度カレンダーが、日本で売上首位に。 羽生結弦や田中圭といった国内スターを抑えてトップに立つという”異例の事態”に、海外紙も大きく取り上げている。
    続きを読む

    日本の空港職員が見せた”驚愕の行動”に海外騒然! ベルトコンベアで流れる乗客の荷物を・・・

    日本の空港職員に関連した画像-01

    ベトナムのメディア”DKN.TV”がこのほど、日本の空港職員を映した映像をfacebookに投稿。そこに映し出されていた光景は外国人にとってあまりにも衝撃的だったのだろう、再生回数は3,500万回を突破。

    欧米メディアにも拡散し「日本だけでしか見られない一コマ」だと注目を集めている。
    続きを読む

    国際人権団体が日本を名指しで批判! いまだ性別変更に去勢手術が絶対とか、時代遅れだし重大な人権侵害だ!!

    性同一性障害に関連した画像-01

    日本では、性同一性障害者が性別を変更するには「生殖機能をなくす手術」を行わなければなりません。これまで各国の国際機関がこれを人権侵害だとして批判してきましたが、新たに人権NGO「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」も日本を名指しで糾弾。

    時代遅れで差別的な法律を今すぐ見直すよう政府に求めています。
    続きを読む

    【悲報】クールジャパンは大失敗! 戦略なき日本のゴリ押しに何の意味があったの?

    クールジャパンに関連した画像-01

    日本文化輸出を支援するクールジャパン(CJ)機構が振るわないようだ。

    CJ機構発足から4年が経ったが、「クールジャパン事業の過半数が収益などの計画を達成できていない」と日本経済新聞が今月6日付紙面で報道。この話題はすでに海外でも紹介され、反響を呼んでいる。
    続きを読む

    日本人「なぜ外国人は深夜アニメ見て日本のこと知った気でいるの?あんなので誤解されたくないんだけど」

    深夜アニメに関連した画像-01

    「深夜アニメのせいで日本が変に誤解されている」

    ある日本人の疑念が北米最大のアニメ紹介サイト”Anime News Network”で紹介されることに。同サイト創設者のJustin Sevakis氏は、アメリカの現実を以下のように説明していました。
    続きを読む

    米研究所「最近の若者が働かない理由はゲームのせい。こんなにも面白く高品質なゲームがあるのだから遊ばないと損だと考えている」

    全米経済研究所(NBER)に関連した画像-01

    仕事中にゲームのことを考えてしまう癖はありませんか?

    全米経済研究所(NBER)が発表した論文によると、テレビゲームが高品質で面白くなりすぎたせいで最近の若者は働く意欲を失っているのだと言います。若者のゲームに費やす時間はこの10年で著しく増加しています。 続きを読む

    【快挙】世界に最も貢献した「良い国ランキング」が発表! 1位はスウェーデン、気になる日本は... アメリカを超えアジア首位に!!

    人類や地球に最も貢献した「良い国ランキング」に関連した画像-01

    地球ならびに人類に対する世界各国の貢献度を測る、2016年度版「Good Country Index(良い国指数)」が発表となった。160を超える国のうち、総合1位に輝いたのはスウェーデン。

    日本はアメリカを押しのけ19位を獲得、アジア首位の国として前回より6位ランクを上げた。
    続きを読む

    「パレスホテル東京」の神対応に外国人感動→しかしホテル側は痛恨のミスを犯していた!これは地味に恥ずかしい!!

    「パレスホテル東京」の神対応に関連した画像-01

    東京・丸の内の一等地に佇む5つ星ホテル「パレスホテル東京」。

    一流のホスピタリティで有名な宿泊施設ですが、このホテルの素晴らしいカスタマーサービスに触れ感動した、ある外国人の投稿が話題を呼んでいます。宿泊中に舞い込んだ一通のお知らせにはこのような文面があったのです。

    続きを読む

    日本人には理解できない画像? 日本のスターバックスにある店内ポップが「外国人を殺しに来ている」と話題に

    日本のスターバックスにある食物アレルギー表示に関連した画像-01

    今からご覧頂くのは全国のスターバックス店頭に置いてあるポップ。

    そこには日本人にとって気付きにくい”ある重大なミス”が隠れており、海外でとんだお笑い草になっています。何が問題か、みなさんはその違和感に気づくことが出来ますか?

    続きを読む

    このページのトップヘ