タグ:地球外生命体

    ナスカ地上絵の近くで「3本指のヒト型ミイラ」が発掘される! 人間とは異なる生物だと医師は分析

    3本指のヒト型ミイラに関連した画像-01

    自称超常現象研究チームが、ペルーはナスカの地上絵付近で地球外生命体の証拠を発見したと発表。それは、両手両足の指が3本で頭蓋骨が細長く発達した「ヒト型のミイラ」でした。
    続きを読む

    【マジかよ】宇宙開発の第一人者「地球にはすでにエイリアンがいて我々の身の回りで生活している」

    ロバート・ビゲローに関連した画像-01

    「地球上にはすでにエイリアンがいる。これは揺るぎのない事実だ」

    NASAと共同で宇宙に居住可能なホテルを作ろうとしている宇宙ベンチャー企業『ビゲロー・エアロスペース』の創業者ロバート・ビゲロー氏が、このように明言し世界を驚かせています。 続きを読む

    【衝撃】天文物理学者「少なくとも100億を超える知的生命体が我々人類よりも先に文明を築き上げてきた」

    アダム・フランク教授に関連した画像-01

    高名な天文物理学者が導き出した新しい研究結果によると、知的生命体は地球が誕生する遥か前から宇宙に存在しており、築きあげられてきた文明の数は”悲観的に見積もっても”およそ100億。

    そもそもこの広大な宇宙の中で、我々人類のような高度に発達した文明が前例もなく突然現れることはあまりにも考えにくいという。

    続きを読む

    【!?】ヒラリー候補「私が大統領になったらエイリアンの真相を洗いざらい公開してあげる」wwwww

    ヒラリー候補「エリア51のエイリアン情報を公開する」	に関連した画像-01

    「エイリアンはすでに地球を訪れているかもしれません」

    次期米大統領選挙への出馬を表明しているヒラリー・クリントン候補は、米政府が機密事項扱いする「エリア51」の真相を探ることを約束。UFOや宇宙人の存在について、政府が知りうる情報を一般公開することも辞さない考えのようです。

    続きを読む

    有名宇宙飛行士「エイリアンは平和主義者。人類の核戦争を防ぐため、たびたびUFOからミサイルを打ち落としている」

    エイリアンは平和主義者に関連した画像-01

    「米露の核戦争を食い止めるため、エイリアンは地球に来ていた」

    こう明かしてくれたのは、月面を歩いた6番目の人間として知られている元宇宙飛行士のエドガー・ミッシェル氏。科学者、作家としても多くの業績を残している彼が驚きの”真相”を語っている。

    続きを読む

    【衝撃】大阪上空にUFOが10機も出現!海外メディアが報じる

    大阪上空にUFOに関連した画像-01

    大阪市工業地帯の上空で、10機もの未確認飛行物体「UFO」が目撃されました。英紙ミラー(電子版)をはじめ、複数の海外メディアが報じています。

    続きを読む

    【大発見】エイリアンからのメッセージ!?銀河系外からの高速電波がどれも同じ数学的パターンで放射されていたことが判明

    高速電波バーストに関連した画像-01

    地球から何十億光年も離れた遠い宇宙から飛んでくる「高速電波バースト(FRB:Fast Radio Burst)」。たった数ミリ秒間しか検出されない”突発的な電波放出現象”で、長年宇宙物理学の謎の1つとされていた。

    しかし、最近の調査により、その「高速電波バースト」のどれもが自然現象とは考え難い特定の数学的パターンを辿っていたことが判明。地球外生命体からのメッセージだという可能性も高くなってきた。

    続きを読む

    【宇宙ヤバイ】英科学者チーム「エイリアンが地球に送り込んだと思われる、生命の起源となる種子を発見した」

    ミルトン・ウェインライトに関連した画像-01

    英バッキンガム大学の研究チームが、成層圏で収集したチリから「金属の丸い物体」を発見。分析すると「フィラメント状の生命が外側に付着し、ネバネバした生体物質が中からもれ出ていた」という。

    チームは、これが宇宙由来のものであり、地球外生命体が計画的に地球へ送り込んだ微生物ではないかと主張している。
    続きを読む

    【全人類騒然】BBCが神番組を放送!仏陀やキリストは別の惑星から来たエイリアンらしいぞwwwwwwww

    The Big Questionsに関連した画像-01

    我々人類の宗教は、地球外生命体により形作られたのだろうか?

    イギリスBBCが放送した『The Big Questions』番組内での討論が、「あまりにムチャクチャだ」「いや、宗教の本質を突いた”神番組”だった」と賛否両論、大きな話題を呼んでいる。
    続きを読む

    このページのトップヘ