『デスノート』は日本人への人種差別に関連した画像-01

Netflixが制作を進めるハリウッド実写版『デスノート/DEATH NOTE』の配役をめぐり、海外では批判の声が高まりつつあるようだ。主人公・夜神月を白人が演じることで「本作で随所に見られる日本の文化や歴史観が失われる」と海外ファン。

映画のボイコット活動も活発で、すでに1万4,000件ほどの署名も集まっている。
続きを読む