タグ:ブラジル

    ブラジルの市長「男同士でキスするヒーロー漫画を発売禁止にします」→ 市民が買い漁り完売してしまうwwwww

    リオデジャネイロ市長が同性愛描写のある漫画を発売禁止にに関連した画像-01

    ブラジル・リオデジャネイロの国際ブックフェアでこのほど、同性愛を描いたある人気コミックが即完売する出来事があった。マルセロ・クリベラ市長が発売禁止を試みたのが発端だ。
    続きを読む

    ミツバチ5億匹が一斉に死亡、ブラジルで起きた悲劇の理由が恐ろしい...

    5億匹以上のミツバチが死亡に関連した画像-01

    南米ブラジルでは過去3ヶ月という短い期間に、5億匹以上のミツバチが突然死していたことが判明。米ブルームバーグが報じています。
    続きを読む

    【世紀末】ブラジル刑務所で暴動、受刑者の頭を切り落としサッカーをするギャングの姿も・・

    アルタミラ刑務所に関連した画像-01

    ブラジル北部のアルタミラ刑務所で29日、ギャングによる暴動が勃発。

    57人の受刑者が死亡する騒動になったが、切断された人間の頭をボール代わりに蹴りサッカーする囚人の姿が見られたようだ。
    続きを読む

    目の錯覚で「一生に一度だけ卑猥なものが見える」ポスター写真が話題に! なにこれスゴイ!!

    一生に一度だけ卑猥なものが見えるに関連した画像-01

    ブラジルの歌手を写した”ある宣伝ポスター”に目を奪われる人が相次いでいます。なんでも「一生に一度だけ」実際とは異なるものが見えてしまうというのです。
    続きを読む

    【狂気】ブラジルのTV司会者、視聴率を稼ぐため殺人を指示し生中継番組でいち早くスクープとして取り上げていた

    ウォレス・ソウザに関連した画像-01

    先月31日より、Netflixで犯罪ドキュメンタリー『殺人犯の視聴率』の配信が開始。ブラジルで実際に起きた、「視聴率を上げるために殺人を犯した」とされる人気司会者のエピソードです。
    続きを読む

    「日本が人工子宮で人間の赤ちゃんを大量生産中」 ブラジル国内で出回るフェイクニュースに小島秀夫監督の姿wwwww

    小島秀夫に関連した画像-01

    ブラジルの大手メディアG1の報道によると、「日本が人工子宮を用いて人間の赤ちゃんを大量生産している」というフェイクニュースが出回っているようだ。
    続きを読む

    「サツが来たぞ!」 麻薬密売人に警告したオウムが逮捕されてしまう

    オウムに関連した画像-01

    ブラジル北東部の都市テレジナで先月22日、オウムが逮捕されるという事件が発生。憲兵が麻薬の押収に来たことを飼い主に報せたために拘留されてしまいました。
    続きを読む

    【悲報】ブラジル大統領、日本のアニメについて学び大いに興奮してしまうwwwwww

    ボルソナロ大統領に関連した画像-01

    ブラジルのボルソナロ大統領が2日、令和改元ならびに天皇陛下即位を受けて祝辞をツイート。ここで日本が誇るアニメについてまた1つ学んだようだ。
    続きを読む

    生まれつき性器を持たない女性へ「魚の皮」を埋め込み、アソコの忠実再現に世界で初めて成功

    ジュシレーニ・マリーニョに関連した画像-01

    ブラジルでは新たな皮膚治療として「魚の皮」を使った臨床実験が行われているが、このほど世界で初めて女性器を再現。

    患者の下半身に「魚の皮」を埋め込み移植、人工的に膣を作り出すことに成功した。
    続きを読む

    【世紀末】アマゾン僻地で「未知の部族」の殺戮が行われている模様! すでに10人以上の部族民が犠牲か

    未接触部族に関連した画像-01

    いまだ現代文明との接触を拒み続けている「未接触部族」。

    ブラジル北西部・ジャバリ谷では先月、こういった孤立した部族民が次々に殺害されていると告発されることに。すでに10人以上の犠牲者を出しているとして、ブラジル連邦警察が正式に捜査を開始しています。
    続きを読む

    ホラー映画『アナベル 死霊人形の誕生』鑑賞の女性、原因不明のパニックに襲われ自傷行為。取り憑かれたような金切り声がヤバイ・・

    アナベル 死霊人形の誕生に関連した画像-01

    ホラー映画『アナベル 死霊人形の誕生』が海外で封切りとなったが、ブラジル北東部・テレジーナの映画館で本作を鑑賞した女性が原因不明のパニックに。

    悲痛な叫び声をあげながら自傷行為に走る出来事があった。
    続きを読む

    【怖すぎ】入れ墨師らに拉致された少年、額に「私は泥棒で負け犬」と彫りつけられる事件が発生

    少年の額に「私は泥棒で負け犬」に関連した画像-01

    ブラジルで起こった盗みを働いた少年への行き過ぎた正義の鉄拳に、全世界から驚きと怒りの声が上がり物議を醸しています。気になる少年の運命は果たして?
    続きを読む

    106歳のおばあちゃんが40歳年下の男性と一目惚れで婚約! 世界最高齢の花嫁に!!

    ヴァルデミーラ・ロドリゲス・デ・オリベラ(Valdemira Rodrigues de Oliveira)に関連した画像-01

    御年106歳のブラジル人女性ヴァルデミーラ・ロドリゲス・デ・オリベラ(Valdemira Rodrigues de Oliveira)さんがこのほど、66歳の男性と婚約。家族や友人に見守られるなか住まいとしている老人ホームで挙式は執り行われ、

    ここに世界最高齢の未来の花嫁が誕生した。
    続きを読む

    【やべぇ】リオ五輪、プールの水が突然緑色に変色→ 大会役員「理由?知らん」

    リオ五輪、プールの水が突然緑色にに関連した画像-01

    リオデジャネイロ五輪の飛び込みプールが一夜にして緑色になった。

    この怪奇現象が起きたのは、水球や飛び込み競技が行われているマリア・レンク水泳センター。専門家は「水の華(藻類ブルーム)」が原因だと考えているが、オリンピック役員は固く口を閉ざしている。
    続きを読む

    リオ五輪会場ガチで終了! 死骸やゴミ浮かぶ「グアナバラ湾」の清掃作業を諦めることに

    グアナバラ湾に関連した画像-01

    南米大陸で初開催となるブラジル・リオデジャネイロ五輪開幕まで残り半年を切ったが、絶望的なニュースが飛び込んできた。セーリング会場となるのは、動物の死骸や糞尿の浮かぶ悪名高き「グアナバラ湾」。

    五輪開幕までに清掃・浄化を終わらせる約束をしていたが、すでに諦めたようだ。

    続きを読む

    ブラジルに降り立ったサンタクロース、ヘリをかっぱらい逃亡wwwww

    サンタクロース、ヘリをかっぱらい逃亡に関連した画像-01

    ブラジル南東部の都市サンパウロで28日、サンタクロース姿の男がヘリコプターを奪い逃げ去るという未曾有の大事件が起きた。地元当局は総力を上げて泥棒サンタの行方を追っているが、痕跡は見当たらないという。

    続きを読む

    道端にお札が落ちていることに気付いた善良な外国人、持ち主に返す姿が人々の心を鷲掴み!日本人はここまでしないよなwwww

    道端にお札が落ちていることに気付いた善良な外国人、持ち主に返すに関連した画像-01

    ある一本の動画が人々の心を鷲掴みにしています。

    海外掲示板redditでは「善良な市民が道端に落ちた100ドル紙幣に気付き、持ち主に返す」と説明されているこの映像。ブラジルで撮影されたものですが、日本ではお目にかかることの出来ない光景が映し出されていました。

    続きを読む

    【怪力】自転車レーンをふさぐ邪魔な車を持ち上げ動かす市民が現る!格好良すぎて惚れるわwwwww

    自転車レーンをふさぐ邪魔な車を持ち上げ動かす市民に関連した画像-01

    自転車専用レーンに違法駐車してある車を見つけた、サイクリスト。普通ならば自転車の方が避けて通る場面ですが、彼は違いました。なんと彼はその馬鹿力で後輪を持ち上げ、利用者が快適に通行できるよう、車を移動させたのです。

    その場にいた全員が「邪魔だ」と感じていたのでしょうね、大きな声援を受けています。

    続きを読む

    【衝撃映像】立ち往生したバスが陥没穴に転落、濁流に飲み込まれる・・

    バスがシンクホールに落ち、濁流に飲み込まれるに関連した画像-01

    ブラジル北部で23日、観光バスが濁流にのみ込まれる瞬間をカメラがとらえました。

    連日の大雨により道路が陥没。ぬかるんだ道で動けなくなったバスを巻き込む形で、下の濁流に落ち込んだのです。

    続きを読む

    【朗報】ブラジル「美しい女性だけが住む町」で花婿募集中!!→外国人「日本のアニメにありそうwwwww」

    ノイヴァ・ド・コルデイロ(Noiva do Cordeiro)に関連した画像-01

    サンパウロにも程近い、ブラジル南東部の村「ノイヴァ・ド・コルデイロ(Noiva do Cordeiro)」をご存知だろうか。人口わずか600人ながら、男子禁制!つまり女性のみが住むのを許された場所で、しかもその大半は20歳〜35歳の麗しき女性ばかりだという。

    ボーイフレンドを探すことが難しいこの「美しい女性だけが住む町」では、若い女性たちが花婿候補を探しているのだ。
    続きを読む

    このページのトップヘ