タグ:フランス

    高級車ランボルギーニを魔改造、レースゲーム用のコントローラーにしてしまう猛者が登場wwwww

    ランボルギーニを魔改造に関連した画像-01

    フランスの自動車愛好家・POG氏が、大好きなレースゲーム『Forza Motorsport7』のため、自身が所有する4,200万円の高級車「ランボルギーニ アヴェンタドール」を魔改造することに。

    ハンドルコントローラーとして活用する、なんとも贅沢すぎる使い方をしています。
    続きを読む

    【!?】難民の幼女を自分の国に持ち帰ろうとして捕まった男性、実刑を免れ拍手喝采を受けるwwwww

    難民の幼女を自分の国に持ち帰ろうとして捕まったロブ・ローリーに関連した画像-01

    「難民少女が可哀想だから、自分の国へ持ち帰ろうとした」

    移民に同情を寄せた1人の男性の裁判が行われ、世界が関心を寄せています。果たしてこれは重犯罪なのか、それとも特例として恩赦されるべきことなのか。驚くべき判決が言い渡されました。
    続きを読む

    【悲報】パリに安倍首相の風刺ポスターが貼られまくる!原発推進しつつ環境保護会議に出るって何なの?

    パリに安倍首相の風刺ポスターが貼られまくるに関連した画像-01

    地球温暖化対策を話し合う国連の会議「COP21」がフランスで始まりましたが、その滑稽さを皮肉るため、イギリスの団体Brandalismが”風刺ポスター”をパリ市内に貼りまくることに。

    なかには安倍晋三首相の原発推進をからかう広告なども見られました。

    続きを読む

    海外紙「パリに祈りを捧げるSNSユーザーは単なるナルシスト。君が大企業の白人至上主義に踊らされても生むのは更なる流血だけだよ?」

    パリに祈りをに関連した画像-01

    Facebookでは、自分のプロフィール写真にフランス国旗を重ねあわせることで仏同時多発テロを追悼するユーザーが多くいます。またtwitterでも「#prayforparis(パリのために祈りを)」といったハッシュタグがトレンドに。

    しかしこれらは本当にフランスのためになっているのでしょうか?

    続きを読む

    仏テロをどう思ったかインタビューを受けた男の子、この上なく大切な教訓を父親に教わり安堵の表情を浮かべる

    仏テロについてどう思うかインタビューを受けた男の子に関連した画像-01

    仏メディアLe Petit Journalがインタビュー中に捉えた、ある父親と息子の会話が「とてもかけがえのないものだった」と話題になっています。映像は、フランス同時多発テロで89名が犠牲となったパリ・バタクラン劇場からのもの。

    お父さんが静かに息子に語りかけた言葉は、我々にも勇気を与えてくれるものでした。

    続きを読む

    TV司会者「パリを襲撃したクソッタレどもはマジくたばれ!破綻したクズな宗教観でフランス文化に勝てるとか、能ナシがつけあがんな」

    ジョン・オリバー氏がパリで起きた同時多発テロにブチ切れに関連した画像-01

    アメリカの人気トーク番組「Last Week Tonight with John Oliver」で、司会のジョン・オリバー氏がパリで起きた同時多発テロについて、放送コードぎりぎりの罵倒表現を用いてコメント。メディアがこぞって取り上げ大きな話題となっています。

    シンプルながらに鮮烈。包み隠さず本音を語った姿は多くの共感を呼んでいます。
    続きを読む

    悟空が『ストリートファイター2』に参戦したらこうなる!オーバキルにもほどがあるだろwwwww

    悟空が『ストリートファイター2』に参戦したらに関連した画像-01

    格闘ゲームの金字塔『ストリートファイター2』に悟空が参戦したらどうなる?

    フランスの映像制作会社「Gamebill Studio」が、その妄想を実現すべく立ち上がりました。『ストⅡ』おなじみのキャラクターが悟空と火花を散らす、いや一方的にボコボコにされる、容赦ない作品に仕上がっています。

    続きを読む

    奇跡の「クリスマス休戦」では、隣国の悪口で盛り上がってたらしいぞwwwwww

    クリスマス休戦に関連した画像-01

    1914年、第一次世界大戦で迎えた初めてのクリスマス。

    ドイツ軍とイギリス・フランス軍はこの日を祝うために一時停戦。戦場の最前線にいた兵士たちが敵国の兵士たちと言葉を交わし、親交を深めた「奇跡の日」として語り継がれているのはご存知でしょうか。

    今回新たに発見された手紙によると、その日両軍は”悪口”に花を咲かせていたことが判りました。
    続きを読む

    このページのトップヘ