ベアーラブハドラン・ラマナサン教授に関連した画像-01

「2100年までに気温上昇が人類の存続を脅かす確率は5パーセント」

そのような予測を立てたのは、地球環境科学の第一人者と言われるカリフォルニア大学のベアーラブハドラン・ラマナサン教授。今後地球全体の気温が3℃上昇すれば「破滅的な影響」が、5℃以上で「生命の終焉」を迎えるとしています。
続きを読む