東京ガス CM 家族の絆 「母からのエール」篇に関連した画像-01

就職活動中の女子学生の厳しい日々を題材にした東京ガスのテレビCM「家族の絆・母からのエール」編が、今年2月1日の放送開始から1カ月足らずで打ち切りに。当時、就活生やその母親とみられる人から「リアルにできていて心が痛む」などのクレームが寄せられ、そうした声などに配慮したためという。(毎日新聞

このテレビCMは海外でも「泣ける」と話題になっていたので、紹介してみたいと思います。


東京ガス CM 家族の絆 「母からのエール」篇

<海外の反応>

目にゴミが・・

不覚にも泣いてしまった!彼に「東京ガスのCM見てた」って言ったら、素っ頓狂な顔してたのがおかしかったわww

(見る前の俺)日本のCMだからさぞや笑わしてくれるんだろうな!

(今)・・誰かハグして!


感情移入しちゃうねぇ。本当良い仕事に就くのって難しいこと。日本ではもっと難しいって聞くし・・素晴らしいCMだと思うわ。

日本のCMと言えば、変なCG使ったり、目も疑うようなクレイジーなコスチューム着たりするのが多いが・・こういう風に現実から逃げるのではなく、それに向き合うってのは珍しいよね。

日本発のテレビCMとして海外に紹介されるのは奇抜なものが多いので、コメントを読んでいて、そのギャップに驚かされている人が多いのが印象的でした。また、就活の苦労に同情する声、そしてCMのクオリティを絶賛する声とさまざまな意見が入り乱れます。

もう少しコメントを拾ってみます。
<海外の反応>

俺を泣かした意味でこのCMはすごいし、日本のCMでこういうのを見るとは・・全くの予想外だったわ!

アカデミー賞に値する出来だな、これは!90秒でこれだけ感情がゆり動かされることって、滅多にないもん。

俺の今の状況をよく表してるわ・・就活はマジで苦痛。

就活してる自分としても、痛いほど気持ちが分かるなぁ。

↑頑張れ!あんたなら出来る!名もないネット住民だが、俺はお前さんのこと信じてるからな。

日本ではこのCMが打ち切られたことが議論を呼んでいるのですが、その点についてのコメントはごく僅かでした。
<海外の反応>

「リアルにできていて心が痛む」だと!?日本人はなにか、現実よりもおとぎ話のディズニーランドにでも住んでいたいってか?・・ってちょっと待てよ、あいつら・・・

なんで東京ガスがこういうCM作ったんだろ?みんなに応募してほしいから?

↑「家族をつなぐ料理のそばに」というメッセージを伝えたかったんだろ。選考を落ちるたびに夕食スキップしてたし、最終面接で不合格もらった日も公園で泣いてた。母親がそれを見つけて、家で温かい料理をふるまうって流れ。きっと食べ終わったら元気が出てきて、家族の大切さを思い出すのかと。陰気なCMなんじゃなくて、物事の見方を変えてくれる、そんな素敵なCMだと個人的には思う。

就職なんてしないで良かった、ってCMじゃなかったのかw?社畜にならずに済んで良かったじゃん。

↑しかもこのCMの女の子は実家暮らしだしなww旅行にでも出てみて自分探ししたり、家で漫画読んでたらいいのに。

皆さんには、この打ち切られたテレビCMはどう映りましたか?