ザ・シンプソンズに関連した画像-01

米人気アニメ『ザ・シンプソンズ』には人種差別的描写があるとして大きな論争を呼んでいたが、制作陣らはこの批判に屈する形となったようだ。

インド人キャラ「アプー」を番組から降板させることに決めたようだ。


論争の的になっていたキャラは、インド移民のアプー・ナハサピーマペティロン。

本シリーズ開始以来登場していたキャラだが、2017年のドキュメンタリー映画『アプーにまつわる問題』では「アプーの声は白人が担当していることから、独特のなまりなど、インド人に対する紋切り型のイメージが誇張されている」と問題提起されることに。

これをキッカケに人種差別だと炎上、アプーの登場をめぐり論争が続いていた。

<海外の反応>

ポリコレ厨大勝利wwww

降板かぁ・・

個人的にアプー好きだから残念
ザ・シンプソンズに関連した画像-02

「インド人声優をキャスティングすれば良いだけやん!」と思ったが、差別だと言われてるのは何も声だけじゃないもんなー

どうせ文句言ってる奴らシンプソンズ見てないだろwwww

自分はアニメはアートだと思う。アートというのは主観的なものだからこそ価値があるのに、周りの批判に左右されるようなら・・もうシンプソンズ自体作らなくていいよ

↑同意



そしてついに『ザ・シンプソンズ』制作陣はアプーを”抹殺”することにしたようだ。『アプーにまつわる問題』のアディ・シャンカル監督が海外メディアの取材に応じ、『ザ・シンプソンズ』関係者からアプーの”卒業”について聞かされたと明かした。

複数の情報筋に確かめたのですが、アプーは降板します。とくにそのことがネタにされるわけでもなく、論争を避けるためだけに、アプーを完全に下ろすようですよ

かねてより『ザ・シンプソンズ』原作者のマット・グレイニング氏は「傷ついたフリをするのが好きな輩が言ってるだけ」と人種差別騒動を揶揄していたが、結局は批判に折れる形となったようだ。

<海外の反応>

最初からいなかったことになるのか

か、完全敗北です!!

『シンプソンズ』なら降板するのもネタにして欲しかったが、さすがにそれも無理なご時世なのか

何もなかったかのように逃亡とか超格好悪い

↑クリエイターも才能が枯渇したんだよ。こういう批判に真正面から切り込んでいくのがシンプソンズの魅力だったのになー

アプー抹殺とか最低すぎる。もうシンプソンズ放送中止にしろよ!

文句言われようが気にせず
アプー出し続けてほしかった


つーか、30年も出てきたのに突然いなくなったらおかしいだろw

アプーがいなくなることで次はアプー擁護派がシンプソンズ叩きを始めるんですね、わかります
ザ・シンプソンズ シーズン 1 DVD コレクターズBOX

発売日:2005-05-27
メーカー:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
カテゴリ:DVD
セールスランク:7650
Amazon.co.jp で詳細を見る