ネオギャルに関連した画像-01

次世代のファッション・トレンド『ネオギャル』。

先日「めざましテレビ」で紹介された若者のファッションスタイルなのですが、外国人風のファッションやメイクを取り入れた手法に、当の外国人達はどのような反応を示しているのでしょうか?報道された「ネオギャル」のキャプチャ画像とともに海外の反応を紐解いていきます。

「ネオギャル」界のポップアイコン(先駆者)はDJでモデルの植野有砂さん。

ネオギャルに関連した画像-02

ネオギャルに関連した画像-03

ネオギャルに関連した画像-04

外国人風や原宿系の要素を取り入れたファッションで、髪の色はハイパーブリーチをかけた白系金髪や、ピンク、パープル、ブルー系を取り入れています。メイクは太眉に濃いめのリップ、キャットアイとのこと。

男受けよりも女子モテを意識したスタイルだそうです。

ネオギャルに関連した画像-05

ネオギャルに関連した画像-10

<海外の反応>

この娘の髪のグラデーションは好きだわ

うぉ!女性の胸を凝視できる正当な理由ができたな!

↑「おっと、ごめんね、君の乳首を読んでただけなんだ!」ってか?

さて、ここからが本番です。

この「ネオギャル」に外国人たちはどういう感想を持ったのでしょうか、いくつかコメントを抜粋してみます。
<海外の反応>

日本は世界が終わるとでも思って・・パーティしてんのかwww?

身の毛もよだつとはこのこと!

俺はいつもの黒髪の日本人女性で満足なのに・・それ以上はノーサンキューですわw

「日本人は日本人のままでいい」とする意見は予想通りといったところでしょうか。日本人女性の世界での需要の高さは皆さんご存知のところかと思います。
<海外の反応>

俺たち外国人はありのままの日本人を崇めてるっての知らないのかな・・?ナチュラルな美しい黒髪に、嘘偽りないあの茶色の目。

↑別に外国人にモテるためにああいう格好してるわけじゃないと思うし。彼女らにとっては関係ないんじゃないかな?

テメェーらデブでオタクの好みなんか気にもしねーだろwwwww

だな。お前らみたいな下半身ゆるゆるのナンパ野郎に声かけられたくなんかないだろうし。

確かに「ネオギャル」を批判したり面白がるのは簡単です。

しかしそれは正しいことなのでしょうか?
<海外の反応>

これを見て「大人になれよ」って言うような奴にはなりたくないよな。そういう奴に限って自分のことは棚に置いて人の事ばっか評論してるし!他人の幸せを勝手に論じる事の方がアホらしいわ。

↑スゲー分かるわ。

「ネオギャル」は愚かなものだ、と脊髄反射してしまうような人にだけはなりたくないですね。まるで「自分は相手の事を尊重できない脳足らずですよ!」って自らの頭の悪さを認めているだけにしか見えません。

さて、話を戻して「ネオギャル」ですが、「コギャル」や「ガングロ」といったトレンドのように日本の歴史に残るムーブメントとなるのでしょうか。そんなのどうでもいいから・・とお思いの人もいるでしょうが、実は我々の生活にも「ネオギャル」がとけ込んでくる可能性もあるのです。

次のコメントが良い指摘をしています。
<海外の反応>

大流行はせんだろ、いつもそうだが、こういうのは日本にごまんとあるサブカルチャーの1つにすぎん。こういうトレンド追っかけてる人って超マイナーだろ?

その通り。ただこれまでもそうだったけど、「その時代を象徴するもの」として残る可能性はあるよ。例えば日本では70~80年代に「スケバン文化」があって、90年代は「ギャル」のファッションが流行った。もちろんマイナーなサブカルチャーだけど、今でも日本ではパロディとして当時を描くときにはそういったものを取り入れてるよね。アニメやゲーム、映画にも多大な影響を与えているのは間違いないよ。

堀井雄二も『ドラゴンクエスト』にサンディっていうギャルのキャラクター入れたし。この「ネオギャル」なるものが今の日本の世相を映すものに今後なっていくのか、ってのは興味深いとこだと思う。

ネオギャルに関連した画像-11

文化的な意味でも「ネオギャル」は目が離せないスタイルになりそうです。