『スーパーマリオRPG』続編に関連した画像-01

任天堂が誇る世界を代表する伝説的ゲーム『スーパーマリオRPG』。

未だに根強いファンを残す本作ですが、ある海外有志が『スーパーマリオRPG2』を生み出すためキックスターターで募金を開始。しかしそのあまりにお粗末な提案内容に非難轟々となっています。




『スーパーマリオRPG2』実現のための目標金額は、破格の1万ドル(約112万円)。

この提案者はゲーム開発の知識も経験もないと認めつつも、「自分ならこのプロジェクトが上手くいくようマネジメントできる」と断言。

続けて「資金調達が成功すれば、絶対に任天堂からお咎めなしでリリースできる」と豪語しており、謎の自信を振りかざしていました。


また募金金額によっては、作品で登場するメインキャラを自由に追加できる権利も与えられるとか。

ゲーム製作に関して全く未経験だっただけでなく、これでは我々が愛した往年のマリオRPGではありません。一過性の話題はありましたが、自分本位のゲームを製作をするつもりだったようです。

<海外の反応>

開発費1万ドルってどんなゲームができあがるんだwwwww

>お届け予定:2018年3月
ゲーム開発なめてんのかwwwwww

・・ツッコミどころしかなくて言葉にならんな

任天堂がキックスターター始めれば全力で金だすが、これは絶対成立しないw

募集主「私はプログラミングもできませんが」←クソワロタ

マリオRPG2を名乗りながら資金集めしたらアウトだろ。
誰かこの募集主に「著作権」の定義を教えてやってくれ。


募集主のドヤ顔な文章が読んでて腹立つw
『スーパーマリオRPG』続編に関連した画像




『スーパーマリオRPG2』を実現させるために「低賃金あるいは無報酬で働いてくれる人を雇いたい」と敏腕マネージャーぶりを発揮するキックスターター募集主。

任天堂だけでなく、ゲームを愛する人まで敵に回すような発言をサラリと言ってしまいます。


そしてついに資金調達開始からわずか10日たらずで、プロジェクトは中止に。

マリオRPGが好きすぎて周りが見えず、突拍子もない計画で世間を騒がせてしまった募集主。ツッコミどころ満載ですが、おそらく世界の誰よりも『スーパマリオRPG』を愛していたのかもしれません。

<海外の反応>

任天堂法務部も呆れ返るような素人っぽい提案ですなww

10日間で集まった資金は93ドル(約1万円)。
募金しちゃう人も頭おかしいw


これをガチでしてるってのが笑える

近年まれに見るアホっぷりだな。でもこういうムチャする人好きだよ(笑)

喜劇のキックスターター

はよ任天堂は続編作ってくれよ!スクエニもこれ見てるだろ!頼むよ!

任天堂は今回も仕事が早いですなw

『スーパーマリオRPG』続編に関連した画像-04
任天堂 (2017-10-27)
売り上げランキング: 5