地球滅亡は9月23日に関連した画像-01

数秘術師のデイビット・ミード氏は、謎の惑星『ニビル』が来月中にも地球へ衝突すると警告。彼の理論が正しければ、世界は残り一ヶ月ほどで破滅を迎えることになります。


2017年8月21日、太陽全体が月に隠れてしまう「皆既日食」が起きます。

これが人類滅亡の前兆になってしまうのでしょうか。

ミード氏によると、太陽と対の”連星”がもたらす引力のせいで、いま現在も惑星『ニビル』が地球に引き寄せられているとか。そして皆既日食で地球が闇に包まれることが合図となり、『ニビル』が人々の目の前に出現!そのまま地球と衝突するのだと言います。

この地球衝突ですが、ミード氏はを9月23日になると予言しています。

<海外の反応>

ついこないだ庭の芝生変えたばっかなのに!
滅亡とか、地球ふざけんな!!


久しぶりの滅亡速報キタ!当たんないの分かってるけどずっと待ってたんだぜ!

もう何回目wwwそろそろ地球滅びろよwwww

地球さん「まだ滅びぬ」

数秘術師って時点で胡散臭すぎ!いやマジで誰が信じるんだ?www

陰謀論者って本当アホだね!

地球滅亡ってすごい大きなことだし・・予言外した人は社会的に抹殺されるぐらいのルールがあってもいいと思うの



NASAは惑星『ニビル』の存在を否定。一方でこれを信じる人は多く、2003年以降『ニビル』を原因とした世界終焉が幾度となく予言されてきました。

ミード氏もまた、自身の終末予言には絶対の自信を持っているようです。

旧約聖書・創世記では神「エロヒム」が33回出てきますが、今回の皆既日食も「33番目の州・オレゴンから始まり、北緯33度線の都市チャールストンで終わる」とミード氏。また「このような皆既日食は1918年以来初めてであり、今から99年ーつまり33の3倍ー前のことだ」と話しています。

<海外の反応>

>世界終焉が幾度となく予言されてきました
俺たちもう何度もアルマゲドン生き延びてきたよね!
これだけの強運の持ち主だし、人類は今回も助かると思うw


よおし!おじさん仕事やめちゃうぞ!!

あのぉ・・聖書って中東の誰かが考えた作り話なんですけどぉ・・・

↑作り話だとか偉そうに言う奴に限って聖書読んでないんだよな。なぜ知識も経験もないのにウソ呼ばわりするの?自分のバカさ加減を晒しても何にもならんぞ?

個人的に『ニビル』は存在すると思う
NASAは話題そらしの天才だし、信じる者こそ救われるのだ!


↑人類滅亡なら信じようが信じまいが一緒じゃんwww

滅亡するのこれで何度目なのw
「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション

発売日:2017-07-26
メーカー:東宝
カテゴリ:DVD
セールスランク:5
Amazon.co.jp で詳細を見る

スコープテック ラプトル50 天体望遠鏡セット

発売日:
メーカー:スコープテック
カテゴリ:Photography
セールスランク:1999
Amazon.co.jp で詳細を見る