性別承認法に関連した画像-01

法的な性別変更手続きを簡素化するため、イギリス政府は「性別承認法(Gender Recognition Act 2004)」の改正案を提出しようとしています。この条例の下では、これまで必要とされてきた医師の診断なく、出生証明書の性別欄を自分の意のままに変更することができます。

今秋にも施行を目指して議会での審議が進んでいる、と英紙インデペンデントが報じています。


現在の法律では性別を変更する際は「性同一性障害者」として医師による認定が必須でした。

この”医学的証拠”や専門家による”侵害的なパネル面接”は当然として、他にも2年以上は生まれ持った性とは別の性で日常生活を送らなければならない、という決まりもあったのです。

しかしトランスジェンダーの人々も平等で公平に扱われるべきだとして、英下院議会の「女性と平等委員会(Women and Equalities Committee)」が改正案を提言。シンプルな行政プロセスだけで自由に戸籍上の性別を変えることが可能になるのだと言います。

<海外の反応>

頭おかしいだろ・・・

男性犯罪者の多くが女子刑務所に行くため性別変更する、そんな未来が見える

自分で勝手に性別決めれるとかやべぇwwww

吾輩はネコなんだが、人間の体のせいで今も納税させられてるんだわ。
もう何十年かすれば俺の願いも聞き入れられるかにゃ。


↑にゃ、ニャンだって!?wwwww

このスレには何匹か猫がまじっているようですな(笑)

人種も変更させてくれ!就活は白人で、警察を訴える時は黒人、
大学進学時には・・そうだなアジア人になるわw



保守党テリーザ・メイ英首相は「性別承認法」の改正を目指して動き出しており、労働党ジェレミー・コービン氏も支持を寄せています。

一方で、この自己申告制の性別変更には大きな批判もあります。

例えば女子トイレや女子更衣室などに”女性と自己認識している男性”を立ち入らせてもよいのか。トランスジェンダーの人々の権利や自由を守ることが大切なのと同様に、一般女性や女児の権利も守られるべきでしょう。

今後どのような議論が交わされていくのか、注目が寄せられています。

<海外の反応>

女子トイレに群がるお前らの姿が想像できるわwwwww

『ライフ・オブ・ブライアン』ってドキュメンタリー映画だったんだなw
性別承認法に関連した画像-02

トランスジェンダーの権利を守るのは大切だけどさー
こんなことより他にもっと議論すべきことあるでしょ


↑少数派のために圧倒的大多数派の俺たちが不便を強いられる。なんかもうね・・

医者の診断不要ってさ、こんなん問題しか起きんだろ

保守・労働の二大政党が支持してるみたいだし、ほぼ決定か

これで男女間の賃金格差の問題がいっきに解消するじゃん!
稼いでる男は「女性です」って主張すればいいだけやし!

あいつら未来に進んでんな・・
「空飛ぶモンティ・パイソン」“日本語吹替復活”DVD BOX

発売日:2008-02-20
メーカー:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
カテゴリ:DVD
セールスランク:42210
Amazon.co.jp で詳細を見る