スマホを1日1時間以上使う人は鬱に関連した画像-01

携帯電話の使用時間が長ければ長いほど、鬱病になりやすい傾向がある。

米ノースウェスタン大学の研究チームが先日発表した調査結果によると、スマートフォンの使用時間や使用場所を追跡することで「ユーザーが鬱病になりやすいかどうか診断」できます。1日1時間以上のスマホ使用は鬱症状の現れかもしれません。




スマホのデータ分析により87%の正確さで「うつ症状」の人を特定できる、と研究チーム。

長く使えば使うほど、また使用場所が(自宅だけなど)限定されればされるほど鬱になりやすく、「うつ病」だと診断された人の1日の平均スマホ使用時間は、約68分。より幸せなライフスタイルを送る人の17分という結果に比べ、かなり長いことが判りました。


研究論文によると、
・27人の被験者を対象に2週間、スマートフォンの使用状況を追跡
1日の平均スマホ使用時間は鬱症状が見られたユーザーで約68分。一方、健全なユーザーは約17分だった
鬱症状があるユーザーはあまり多くの場所へ出掛けておらず、どこかに行って何かを始めるというモチベーションやエネルギーの欠如が見られた
スマホデータの活用は、従来の質問/回答ベースの鬱判定よりも信頼できるものだった
スマホを1日1時間以上使う人は鬱に関連した画像-02

<海外の反応>

全世界が鬱だったwwwwww

やべぇww俺完全に末期症状でしたwwww

ねーよ。若者の大半はほぼ毎日、ずっと携帯いじってるだろうがよ!だからって「うつ」とは限らないぜ?

↑あいつら鬱なんだよ。孤独を感じてるからスマホ使ってるんだと。

アホらしい。普通にニュース読んでるだけでも1時間は余裕で超えるでしょ?スマホユーザーの全員が全員、Facebookフレンドがティータイムに何を食べたのか追ってるわけでもあるまいし!

リアルで鬱を患ってる自分としては、この記事には同意しかないわ。問題から気をそらすため、Facebookやら色んなサイトに頻繁に”埋もれ”ないとならないもの。


研究リーダーのデイビッド・モール教授は、

「当研究で目を見張るべきは、ある個人がうつ症状を患っているのか、本人に直接質問しなくても分かる点にあります。鬱と関連した行動パターンを調べることで、客観的な測定が可能になったのです」と言及。

スマートフォンの個人データがユーザーの鬱状態を測るバロメーターになることで、「隠れうつ」などこれまで見逃されてきた鬱症状の発見、そして早期治療など、多方面での期待がされています。
スマホを1日1時間以上使う人は鬱に関連した画像-03

<海外の反応>

俺たち全員うつだったのか・・・

でも68分は短すぎだろwwこれがマジなら世界は終わっとるよwww

俺がうつを感じる場面は毎月の税金・公共料金の支払いの請求が来た時ぐらいだわw

鬱かどうかは分からんが、みんな退屈してるのは間違いないよな。旅行先のレストランでずっとスマホをいじってた少女を4人見たが・・なんでバケーションしてるんだろって思ったわ。

スマホよりも面白いものがないから仕方なく、って面もあるんじゃない?

この前、日本人4人組をパブで見たんだが。みんな何か食ってる時も携帯握ってたな・・俺たちは新しい時代の”奴隷”なのかもしれん。

鬱かは分からないけど、みんな日常に飽き飽きしてるのは同じなのかもしれませんね。