透明化スーツに関連した画像-01

戦場で兵士の姿を周囲と完全に同化させる「透明化スーツ」の開発を進めている米軍、今後18ヶ月のうちに最初の試作品をテストしたいと考えている。




この「透明化スーツ」実現に向け、2つのアイディアが上がっているようだ。

1つはカメレオンのように、周囲に応じてスーツの色や模様が常時変わる映像投影型の光学迷彩「適応型カモフラージュ技術」を採用したもの。もう1つは、光を完全に透過・回析させることで”見えなく”なる迂回型の素材「メタマテリアル」を採用したものである。
透明化スーツに関連した画像-02


これまで「メタマテリアル」を使った透明化技術は、光を屈折できる波長が限定的なため、研究室の中でしか成功事例がなかった。しかしカナダのハイテク企業「ハイパー・ステルス・バイオテクノロジー社」は去年、この方法で透明化の可能性を軍部に披露。

実用化に向け、開発のGOサインが出ているという。
透明化スーツに関連した画像-03

<海外の反応>

なくしたら見つかんねぇwwwwwww

妻にこれ被せたいので一枚下さい!!

これは世紀の発明品だと思うわ。誰でも思いつくことながら、それを実際に作ってしまうってのは頭良いよね。実現できたら本当凄いわ。

俺にも一枚クレよ!嫁にバレずに近所のパブに行けるから・・

せめて中国製でないことを祈ろうw


砂漠やジャングルなど、あらゆる気温・天候下での動作が求められている「透明化スーツ」。どのような角度から見ても兵士を不可視化できる事が最優先となる。

また無電源動作が望ましいが、電源が必要な場合でも電源装置は450グラム未満、最低8時間動作が絶対だ。スーツとしては、全体で1キログラムほどの重量が理想だという。
透明化スーツに関連した画像-04

<海外の反応>

これが見えなくなるスーツですか!・・見えませんけど!

つーかさ、自分がきちんと透明化してるのか自分では分かんなくねw?

これはいらないな。だって政府はペン一本だけで、何千もの兵士を一瞬で消し去ってしまえるもん。

私の暮らしてる地域では、イギリス人警察官たちはもう何年も前からこれ使ってますよ!本当に驚愕すべき技術ですよね、全く彼らの姿見えないですから!!

戦場で姿を消す一番の方法は、自分の国と無関係の戦争には関わらないことだよな。現代の戦争は、軍需産業の儲けやら、政治家が戦争によって私腹を肥せるか否かで決まるようなもん。アメリカを守るため!とか声高に言ってるが、本当はそんなとこだろ。

このスーツ、悪いこと以外に使い道が思い浮かばない・・