さかなクンの”黒塗りメイク”は人種差別に関連した画像-01

エイプリルフールのネタとして、映画会社ワーナー・ブラザーズがハリウッド俳優ウィル・スミスに扮したさかなクン(ギョル・スミス)を起用。それが人種差別なのではないか、と海外で問題視されている。




こちらが問題のポスター。
さかなクンの”黒塗りメイク”は人種差別に関連した画像-02


そして、こちらが本物との比較画像。
さかなクンの”黒塗りメイク”は人種差別に関連した画像-03


海外サイトKotakuは、

「ウィル・スミスにそっくりだ」「ここまで似ているのは予想外すぎる」という日本人の反応を紹介した上で、「これのどこがウィル・スミスにそっくりなのか?ただの黒塗りをした日本人でしかない」と問題提起。

さらに、「確かに人口の約98%が日本人であるこの国では、”黒塗り”が負の歴史としてアメリカにあることを知らないのかもしれない。しかしワーナー・ブラザーズは米企業である。アメリカの文化や歴史、少なくとも映画史には精通していなければならないのではないか」と指摘している。
<海外の反応>

表面的に真似しただけで(といっても黒塗りにしたぐらい?)、「はい!似てますよねー面白いですよね!?」ってのは確かに人種差別だわ。

”黒塗り”にしてセレブの真似するぐらいは良くね?「ミンストレル・ショー」みたく特定の人種を見下すような悪意があるわけじゃないし。過剰反応しすぎだろwww
さかなクンの”黒塗りメイク”は人種差別に関連した画像-04

↑”黒塗り”という負の歴史が存在し続ける以上、これは正しいことじゃないでしょ。”黒塗り”は黒人を見下す意図が含まれてるからね。

うん。おまいさんがオーバーだと感じようが感じまいが、これは侮辱的だし、それを無視するのは間違ってる。日本では最近同じような問題が立て続いてるし、今さら「知りませんでした」は言い訳にならないだろ。

日本人に人種差別の意図はないよ。ただモノマネして面白がってるだけ。・・とは言え、日本では黒塗りがありすぎ。特に漫画とかでな。それは問題だと思う。

↑差別の意図がなかった、ってのは誰が決めること?これをした企業側?それともこれを「どう感じたか」受け取った俺たち?意図が何であれワーナーが人種差別と捉えられるようなネタを出してきたのは理解できない。


草創期のアメリカ映画では、有色人種への差別がたびたび見られた。

過去2ヶ月同じような人種問題が日本で立て続きながらも、なぜワーナー・ブラザーズはこの過ちを犯してしまったのだろうか。「ワーナー・ブラザーズにはもっと良識があると思ってましたよね?」、とKotakuは結んでいる。

ここ2ヶ月にあった差別問題
ももクロとラッツ&スターが「黒塗り顔」で共演
「ハーフ」の宮本エリアナさんがミス・ユニバース日本代表ということで、アイデンティティを傷つけられる批判コメントが日本人の間で噴出
さかなクンの”黒塗りメイク”は人種差別に関連した画像-05

さかなクンの”黒塗りメイク”は人種差別に関連した画像-06

<海外の反応>

悪意ないジョークだと思ったが。

↑こんなことして何の恩恵があるんだ?ただのジョーク?でもこれを不快だと感じる人もいるよ。こういうことしないと笑えないの?黒塗りが問題か否か、少し調べれば分かるだろうに。言い訳は聞き飽きた。しっかりしてくれよ!!

すまんが、このレベルは黒塗りじゃない。これがそうだよ。
さかなクンの”黒塗りメイク”は人種差別に関連した画像-07

俺は黒人だが、これ別に人種差別だとは思わない。ただ野郎が野郎の真似してるだけだろ?肌の色的にガングロっぽくも見える。よく叫ばれてる黒塗りの差別とは違うよ。

日本も大変だな。「人種差別だー!」ってギャーギャー泣き喚く西洋人を相手にしないといけないんだからwwww日本もきちんと人種問題のこと学んでね。西洋人は自分たちの価値観を他国に押し付けることが正義だと思ってるから!w

Kotakuなりのエイプリルフールなんだろ。

あわせてユルク読みたい記事

日本とは国際感覚に欠け、無知を武器に人種差別する国である。ももクロとラッツ&スターの「黒塗り顔」が海外で大問題に
】本が人種隔離政策「アパルトヘイト」を美化!海外から批判相次ぐ
アップルが人種差別に配慮して「多様性のある絵文字」を作ったぞ!これで差別もなくなるな!!